で、いよいよ初謡会
さて、泣いても笑っても本番。

今回は「屋島」を舞うので、着流しでは無理ということで、先生から仕舞袴をお借りすることになった。袴をはくのは、生まれて始めて♪

そこで、とりあえずは着物を持って、開始時間より2時間ほど前に先生宅へ。昨日のうちに、鮮やかな朱色の袴を見せていただいていたので、 それに合うように淡い黄の色無地を持参。

友人はピンクの着物に明るいグリーンの袴。春めいて華やかな組み合わせ。せっかくなので、お互いに写真を撮ってみたり。

いやぁ、こういうのもいいなぁ。実際に作るとしたら、もっと地味な色柄を選ぶことになるとは思うけれど、明るい色の組み合わせて、三人官女みたいだ。(←すいません、言い過ぎです)

で、肝心の謡と仕舞。

今できることはやれたと思う。上手くはないけど、謡も最後まで間違えずに行けたし。仕舞も、わかっていることはひととおりできたはずだ。

謡は、声はよく出ていたような気がする。問題は音の高低。いまのカルチャーセンターでは、謡は仕舞の位取りのために流すだけで、きちんと教えていただくことが出来ないので、テキストで言葉を覚えるのが精一杯。CDなどで自習しても、なかなか難しい。

仕舞の方では、前日舞台で練習させていただけたかいがあって、三間四方をキッチリ使えたと自分では思ったのだけれど、どうだっただろう?ひとつひとつの動きの完成度が低いので、きっと観ていて美しくないのだろうという自覚はある。

これ以上はいまは無理。 ただし、充分でないこともわかっている。 今後どうするかだよなぁ……。

カルチャーセンターでの集団稽古だけでなく、先生のお宅へ稽古に通うようにしたいとも思うのだけれど、 まあいろいろと不安もある。それでも、先輩弟子である若い女性の仕舞がたいそう美しくて、あんなふうにできるなら、やはり宅稽古を、という気持ちもあるし。

ま、とりあえずは一段落。身内だけの会とはいえ、人前で舞うというのは大変だけれど、やはり いい刺激になった。
[PR]
by kiki_002 | 2009-01-25 23:57 | 習い事など | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/10212778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 亜時 at 2009-01-31 18:38 x
遅くなりましたが、初謡会お疲れ様でした。
カルチャーのみなさん、お稽古熱心に取り組んでいるのをとても感じました。
不良先輩はいつの間にかそんな気持ちはどこかへ行ってしまったことに気づき・・・
大反省。また心新たに取り組む気持ちになれました。ありがとうございました!
お互いお稽古頑張りましょう!!!
Commented by kiki_002 at 2009-02-01 02:10
亜時さん、コメントありがとうございます♪
そして、初謡会ではお世話になりました。

いえいえ、上の記事にはもっともらしいことを書いていますが、秋から冬にかけては、
間が悪くて、稽古をずいぶんお休みしているので、ちっとも上手くなりません(泣)

亜時さんくらい舞えたら楽しいだろうなぁ……と思うのですが。
でもまあ、気長に行きたいと思います。

お互い、がんばりましょうね!!
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
検索