「JOKER⑤ ファイナル・ミッション」
著者:道原かつみ
原作:麻城ゆう
出版社:新書館(ウィングス文庫)
発行:2008/10/25

うわぁ、完結だって!ジョーカーシリーズって、しばらく中断してなかったっけ?いつのまにか完結してたのね。これって文庫版だから、コミックス版で完結編が出たのは、きっともうけっこう前なんだろうなぁ、気がつかなかったよ。不覚。

悪質な犯罪を捜査し、検挙し、裁き、そして死刑を執行する「特捜司法官」。彼らは、銀色の人工眼球を持つ合成人間だった。……なんていうと、ハードボイルドな印象を与えるかもしれないけれど、実はラブコメ(?)。変身能力を持ち、性別まで変えられる「特捜司法官」のジョーカーと、刑事の六道リィンの前途多難な恋の行方。

リィンにとってジョーカーはチャーミングな女性なのだけれど、男性の姿のジョーカーも好きだなぁ。S-Aと同じ外観なのに、なんとなくジョーカーの方が色っぽいし。そうそう、あの長い黒髪がいいんだよねぇ。

個性的なキャラクターがそろっていて、明るめに物語が進みながら、シリアスな事件の場面もなかなかカッコよくて、しかも、全体にシャレが効いていて。

特に主役の2人が可愛くてステキなんだけど、でもなんとなくハッピーエンドは望めないのだろうと思っていたけれど……。

『君がいなくなっても、僕がいなくなっても、未来までずっと 思いはつながっている……』

人を好きになることって、素敵なことだと、そんな照れくさいようなことを思ってしまうようなエンディング。読み終わって幸せな気分になった。
[PR]
by kiki_002 | 2009-02-18 23:59 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/10389280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30