グイン・サーガ第125巻「ヤーンの選択」
著者:栗本薫
出版社: 早川書房(ハヤカワ文庫)
発売日: 2009/2/10

スカールに助けられたヨナは、そのままスカールと旅を続けるのだけれど、どうやらお互い相性がいいらしく、わずかの間にずいぶん打ち解けてきたようだ。

スカールも昔のスカールではないし、ヨナも草原での出来事を通して、これまでとはやや考え方が変わりつつあるようだし。そういう意味でもこの出会いは、お互いにとってプラスになっているように思える。

ミロク教については、これからいろいろな事実や人物が登場してきそうで、興味深い。それを探りに行くヨナといつのまにかそれに同行することになったスカールの旅は、けっこう波乱に富んだものになりそうな気がする。

そして、イシュトヴァーンとカメロン。

あんな振る舞いをしているのを見てさえ、イシュトはホントに昔と変わってないんだってことが、実は少しうれしかったり。イシュトの言葉に、すべてを投げ打ってついて行ってしまおうとするカメロンの選択を心の中で是としながら、結局は適うまいと思ってしまったり。

ここでの別れが、この先に展開にどんな陰を落とすのか。イシュトは本当にパロを落とそうとするのか。ゴーラとケイロニアは、無事に友好関係を結ぶことになるのか。

そんなことを考えているうちに、架空の国の物語に、こんなに心を寄せている自分をおかしく思ってしまう。

あとがきを読むと、作者の栗本氏の体調はやはりあまり楽観視できるものではないのだと思いつつ、それでもこうして書き続けてくださっていることを読者としてうれしく思う。できうれば、少しでも長く書き綴ってくれるよう、ひそかに祈るしかないのだけれど。
[PR]
by kiki_002 | 2009-02-22 23:53 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/10417406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
検索