「花組通信」 春嵐月号
「花組通信」ってのは、花組芝居のファンクラブ会報…のようなもの。その最新号(春嵐月号)が今日、うちに届いたのだ。

1月に上演された『泉鏡花の夜叉ヶ池』についての記事(もちろん写真入)や次回公演 花組ヌーベルの『盟三五大切』(かみかけてさんごたいせつ)の告知、座員が客演(外部出演と呼ばれています)した舞台のレポ、連載のエッセイ(堀越涼さんの『あやめ懐古主義』とかね)など、読み応えのある内容となっている。

特に、『今月の外部出演』というコーナーを見ると、この劇団の座員があまりにも多彩な活躍をしていることに改めて驚く。

そしてこの号のトピックスといえば、花組四獣(はなぐみスーショウ)についての記事だろう。1989年4月の『ザ・隅田川』で入座した4人のユニットによる舞台は、わかぎゑふさんの脚本・演出で8月中旬に下北沢シアター711(確か、最近ザ・スズナリの近くにできた新しい劇場)で上演されるらしい。

花組以外でもさまざまな活躍をされている4人の舞台、これは面白いことになりそうだ。

ひとつの劇団の中で、さまざまな枠組みで公演を行える層の厚さと幅の広さに、日の浅いファンとしては驚かざるを得ない。いろいろと興味深く観ていくことにしよう。
[PR]
by kiki_002 | 2009-03-04 23:58 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/10489915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧