『チョコレートビースト』
著者:加藤 実秋
出版社: 東京創元社(創元推理文庫)
発売日: 2009/2/13

ちょうど昨年のいまごろ、文庫版が出るのを待ってさっそく読んだ『インディゴの夜』。この『チョコレートビースト』はその続編で、前作同様4つの短編が収められた連作ミステリーだ。

「クラブみたいなハコで、DJやダンサーみたいな男の子が接客してくれるホストクラブがあればいいのに」

フリーライターの晶が何気なく言ったこの言葉から生まれた「club indigo」。インディゴのオーナー(の片割れ)でもある晶を中心に、もう一人のオーナー兼窓際編集者の塩谷や、謎めいたマネージャー憂夜さん、個性的なインディゴのホストたち、そしてライバル店のナンバー1である空也などが、さまざまな事件に係わり、解明していく。

表題作は、なぎさママの愛犬『まりんちゃん』こと43万円(インディゴの連中は、その犬がペットショップで買われたときの値段で呼んでいるのだ)がさらわれた事件の話。

前作より面白く感じたのは、おなじみになった登場人物に感情移入しやすいからか、あるいは事件そのもののバラエティに富んだ謎の面白さゆえか。

夜の街を舞台にしながら、カラッとした爽やかな印象で、気持ちよく読めるミステリー。このシリーズがもうしばらく続いてくれるといいなぁ。
[PR]
by kiki_002 | 2009-03-25 23:58 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/10633147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧