スプリングマン08MIX 「REVIVE」
平成21年4月18日14:00~、参宮橋トランスミッションにて。

脚本・演出/澁谷光平(スプリングマン)

出演/
タマヤマ リョウタ:井手昭仁(スプリングマン)
ニシムラ ハルキ:藤波瞬平
ナカタさん:小澤雄志
タケモト ミドリ:金子優子

さて今日は、しゅうくりー夢関連の芝居をマチソワで。マチネは、しゅうくりー夢によく客演される藤波瞬平さんがご出演のスプリングマン「REVIVE」を、ソワレは、しゅうくりー夢の横井伸明さんが出演されているスタジオミューズ「ボクの部屋」を観てきた。

で、まずは「REVIVE」について。

東京で暮らす元同級生リョウタの部屋に、突然山口からやってきて転がり込んだハルキ。どうやら中学時代、つるんでワルさをした仲間らしい。

リョウタは、勤め先のホストクラブで、お金を盗ったと疑われ、仕事を辞めようとしている。ハルキはどうやら家出でもしてきたような雰囲気。中学時代とは違い、お互いなんとなくしっくりいかない。

そんなとき、元同級生のひとりが事故で死んだというメールを受け取る。その友人の兄ナカタさんが、リョウタの部屋にやってきて……。

死んだ弟を偲んで、同級生のもとを訪れる兄の思い。生真面目そうな兄の言動と、リョウタやハルキとのやりとりが絶妙におかしくて、しだいにせつなくなってくる。

そして語られる、渡せなかったラブレターのこと。

リョウタに呼び出されてやってくる元学級委員長のミドリ。学生時代の自分を、「みんなから好かれてなかった」と語る彼女の屈折と無念と。リョウタに呼びだされてやってくる彼女は、当時の自分を少しでも修正したいという思いがあるのだろうか。

リョウタやハルキの抱える閉塞感。ナカタさんの言葉や何かを通して、考えさせられる死とか、故郷とか、恋とか、夢とかこと。

どれだけ壁に突き当たろうとも、彼らには帰ることのできる故郷がある。同じ若さを共有する友人たちがいる。これから先も、いろいろな挫折や苦労や失望があるだろうけれど、生きていればまた、何度でもやり直すことができるだろう。そんなささやかな希望と。

なんとなくせつなく、そして爽やかな印象の残る舞台だった。
[PR]
by kiki_002 | 2009-04-18 23:58 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/10845182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
検索
画像一覧