観世流仕舞入門 34回目
引き続き、「蘆刈 笠之段」を。

まず最初に、いつもどおり謡をサッと流す。まあ、これだけじゃ謡は覚えられないよねぇ。覚える気なら、うちで少しは見ておかないと駄目なんだろうなぁ、きっと。

そして、仕舞へ。

長いといいつつ、そろそろ後半。ひとつひとつの動きはだんだんわかってきたつもりだけれど、流れがまだ把握できてない。好きな動きもいくつかあるんだけどね。謡を覚えてないから駄目なの?

でも今日は、なんとなくまったりした雰囲気。1回通すと、ちょっと休んだり、テキストを見返したり、多少雑談したり。

稽古中、先生が使ってらっしゃった扇のカナメが外れてしまい、その後、なんとなく扇の話。壊れたら京都まで送って修理することもあるとか、流派によっての違いとか。

何度か通した後、そろそろ生徒だけで舞ってみるように言われる。でも……やや無謀だったようで、無残な出来栄え。

とはいえそろそろこの曲も終わりになりそうだ。次回はどうします?と先生がおっしゃる。そろそろ次の曲に行ってもいいですか、と。

いえ、せめてもう1回この曲をやりたいです、とみんなで懇願。不甲斐ない生徒ですみません。だからせめて、次回までに少しは復習しておかないと、ねぇ?
[PR]
by kiki_002 | 2009-04-22 22:53 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/10881071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧