「閑能会」
平成21年4月24日(金)16:30~、観世能楽堂にて。

いや、久しぶりのお能だったので、どうやら油断があったらしい。前半はけっこう撃沈してしまった。やっぱりあるていど予習をしていかないと、話がわからなくて眠くなってしまう。特に素謡は、ヤバイかも。

素謡「吉野天人」
シテ:柴田孝昭、ワキ:岡本九十九

能「隅田川」
シテ:関根祥人、子方:藤波重紀、ワキ:森常好
大鼓:柿原弘和、小鼓:大倉源次郎、笛:一噌仙幸

狂言「寝音曲」
シテ:三宅近成、アド:前田晃一

仕舞「兼平」 岡久広 
   「江口」クセ 関根祥六

能 「昭君」
シテ:関根知孝、ツレ:高梨万里、後ツレ:渡辺洋子、ワキ:村瀬純、間:三宅近成
大鼓:佃良勝、小鼓:鵜澤洋太郎、太鼓:観世元伯、笛:一噌隆之

そういえば、去年の4月には、桜舞い散るこしがや能楽堂で「吉野天人」を観たっけ。春らしい曲を、今日は素謡で聞いた。

次の「隅田川」も桜の季節にピッタリ。母の嘆きが哀切で、特に終盤、子方が登場し、抱きしめようとする母の手からすり抜ける辺りの感じには胸が痛んだ。笛の音色がいっそう切なさを増し、小鼓の響きは澄んでいて、沁みてくるようだった。

狂言「寝音曲」は、遊びなれている太郎冠者の謡を聞きたがる主人と、とぼけた理屈でマジメな主人を煙に巻こうとする太郎冠者のやり取りがおかしくて、声を立てて笑った。飄々としたシテもマジメそうな顔のアドもよかったけれど、ワガママを言えば、この太郎冠者を萬斎さんで観てみたいなぁ、と思ったり。

それから仕舞。最近やっぱり仕舞が観ていて面白い。いいなぁ。洗練された美しい動きと声にうっとりする。

そして、「昭君」。中国が舞台って、珍しい気がするんだけど?娘を異国に連れて行かれてしまった老夫婦の嘆き。せめて鏡を通して、その面影に会いたいという願い。後半登場するその娘 昭君の儚げな美しさと、異国の将軍の荒々しい姿。

今日はやや、見所のマナーが不満だった。いまだに携帯を切らない人がいるのが信じられない。それも1人じゃなかったし。オバちゃん同士の話し声や紙をゴソゴソさせる音も気になって。頼むよ~~。せっかくのお能なんだから。

舞台の内容が良かっただけに、いっそう残念だった。

居眠りしてるヤツに言われたくないかな?まあ、周りには迷惑かけてない(たぶん)ので、見逃してください。
[PR]
by kiki_002 | 2009-04-24 23:53 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/10899466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
検索