バンダラコンチャ ソロアルバム公演 「相思双愛」
平成21年5月16日(土)18:00~、紀伊國屋ホールにて。

原作/横光 利一「春は馬車に乗って」より(新潮文庫)、重松 清「四十回のまばたき」より(幻冬舎文庫)

脚本/倉持 裕(ペンギンプルペイルパイルズ)、前川 知大(イキウメ)

構成・演出/近藤 芳正、桑原 裕子(KAKUTA)

出演/坂井真紀、辺見えみり、近藤芳正、榎木孝明


劇団♪ダンダンブエノを主宰していた近藤芳正さんが、今度は「バンダラコンチャ」というソロユニットを展開していくらしい。で、その最初の作品がこれ。

ふたつの原作。ふたつの物語。脚本家も2人、演出家も2人。どちらもせつない愛の物語。

海辺の家で肺病を患う妻と暮らす小説家の話と、半年前に妻を亡くした翻訳家が、奇病を持つ妻の妹と心を通わせていく話。この2つが、交互に進んで行く。

肺病の妻は、床から離れることもできなくて、咳き込むと夫が背中をさすり、痰を取ってくれる。夫は仕事をし、合間に妻の看病をする。妻は夫にそばにいて欲しいとダダをこね、わがままを言い、夫は夫で、ときにぶっきらぼうにときに優しく、やや閉塞感を感じつつも、お互いを必要としている様子が感じられる。

翻訳家のもとにやってきた義妹は、冬眠するという病を持ちながら、新しい命を身のうちに育んでいる。眠ってしまう彼女に代わって、彼女自身と彼女の子どもの世話をしていかなくてはならなくなった男のとまどい。そこに、彼の訳した本の著者が現れて……。

タイプの違う2人の夫を、それぞれ説得力を持って演じる近藤さんの熱演。2人の女優さんのわがままに見えてどこか儚い美しさ。物語を展開させる榎木さんのインパクト。

時代の違う2つの物語を繋ぐ美術も印象的だった。わずかな変化で、ひとつのセットがまったく雰囲気の違う部屋になる面白さ。転換のたびに、おお!っと思ったり。

登場人物たちそれぞれのとまどいや葛藤を、静かに覆っていくのは、互いへの愛情なのだろうか。交わることのない2つの物語が、なぜかしっくりとひとつの感情を生み出していく。

しっとりとした、大人の愛の物語。いい芝居を観せてもらった気がする。
[PR]
by kiki_002 | 2009-05-18 23:20 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/11097714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
検索