観世流仕舞入門 37回目
前回に引き続き、今日も「熊野」。これで3回目かな?

まずは謡を簡単に。皆で謡っていて、どうも今日は語尾がのびるなぁ、と思ったら、先生からも注意される。のばすよう指示があるフレーズ以外は、むやみに引っ張らないようにと。で、もう一度謡ってみる。言われたことを皆、意識できたようだ。

仕舞に移って、先生と一緒に全員で通してみる。それから、生徒だけで。……あれ、前回よりグダグダだわ(汗)。先生が苦笑いされている。

で、改めて先生と一緒に、いくつかポイントを確認しながら舞う。

その後もう一度、生徒だけで舞ってみると、今回は多少マシだったようだ。「じゃ、一人ずつやってみましょうか?」と先生。

これまでなら、「え~~?」というところなのだけれど、なんとなく「熊野」ならいけそうな気がする。で、最初に手を挙げる。

うん、流れはだいたい覚えてる。1~2箇所、自信のないところもあるけれど。ただ、一人で舞うときには、どうしても次の動きを頭で考えてしまって、それに気を取られて、謡の内容にまでは思い至らない。それと、左右・打ち込み・開きの後、軽く右に受けるのをいつも忘れてしまう。

先生からは「大きく向きを変えるところなどで、膝が沈む」と言われた。確かに思い当たるフシがある。大きく動こうとしてタメてしまうのだ。そうか、こういうときに上下の動きがあってはいけないんだなぁ。

……もうひとつ何か言われたような気がするんだけど、なんだったかな?思い出せないや。(←駄目じゃん)

全員が一人ずつ舞ってみると、それぞれの違いはあっても、やはり心地よい緊張感と充足感があるように思う。そういう集中力が、いつもあるといいんだけど。

たぶん、「熊野」はこれで終了。次は「紅葉狩り」だろう。
[PR]
by kiki_002 | 2009-06-07 23:58 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/11255586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧