舞台芸術としての狂言「狂言劇場 その六」
平成21年6月28日(日)14:00~、世田谷パブリックシアターにて。

Aプログラム
≪二人の主人を一度にもつ狂言≫
『二人大名』(ふたりだいみょう)
二人の大名が通りがかりの男を太刀で脅して強引にお供にしようとする。ところが、逆に脅され立場が逆転してしまい・・・。大名が二人登場する珍しい趣向の作品。
通りの者:野村万作
大名:高野和憲
大名:深田博治

『縄綯』(なわない)
博奕に大負けした主人の借金のかたにされた太郎冠者は、ヘソを曲げて博奕相手の言うことを聞かない。主人が仕方なく連れ戻し、縄を綯(な)わせるが・・・。
太郎冠者:野村萬斎
主:野村万之介
何某:石田幸雄

-能楽囃子-
笛:一噌隆之、小鼓:田邊恭資、大鼓:亀井広忠

≪面を使う狂言≫
『雷』(かみなり)
薮医者が東の国に向かう道中、突然雷鳴が轟き、雷が落ちてくる。したたかに腰を打って苦しむ雷に医者が針治療をすると、雷は痛みに七転八倒。ようやく治るが治療代の持ち合わせがなく・・・。
雷:野村萬斎
藪医者:石田幸雄
地謡:深田博治、高野和憲、月崎晴夫、時田光洋、岡聡史
笛:一噌隆之、小鼓:田邊恭資、大鼓:亀井広忠

久しぶりに萬斎さんの舞台を拝見するということで、けっこう楽しみにしていたこの「狂言劇場」。席もけっこう観やすかったし、どの演目も面白かった。

個人的には、「縄綯」で太郎冠者が新しく仕えることになった主人の家族の悪口を言うあたりが、なんとなく素直に笑えなかった。狂言は、キレイ事ではない人の思いをいろいろと描いているけれど、罪のない女房や子どもを笑いものにしたりするのを観ていると、あまり後味がいい演目じゃなかった。まあ、ああいうのも人間の一面ではあると思うけどね。

とはいえ、どの演目も劇場ならではの舞台の奥行きや高さを活かしたものとなっていて、特にその「雷」での雷様の登場する辺りでは、思わず劇場の高い天井を見上げてしまうような、能楽堂ではできない演出をしていたのが印象的だった。

「雷」に登場する雷さまはなんとも可愛らしく、藪医者とのとぼけたやり取りを楽しく観ることができた。
[PR]
by kiki_002 | 2009-06-28 23:55 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/11411175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧