「人間国宝 鹿児島寿蔵展」
人に薦められて、ある人形作家の展覧会を観に行った。

場所は、新橋の駅近くにある『旧新橋停車場 鉄道歴史展示室』。

こんなところがあるなんて、初めて知ったよ。新橋駅から歩いて5分くらいのところにあって、名前のとおりかつての新橋停車場駅舎を再現した建物。入館料無料で、日本の鉄道発祥地である汐留の歴史や鉄道関係の展示のほか、様々な展覧会を開催しているらしい。

ここで現在行われているのが、「人間国宝 鹿児島寿蔵展」。

鹿児島寿蔵は、明治31年に福岡市博多で生れ、人形制作と短歌の道を両立させた人物。テラコッタから始まり、自分で考案した紙塑人形により人間国宝となる。歌人としても、「アララギ」の同人として繊細で叙情的な歌を多く遺したという。

この展示会では、代表的な紙塑人形35点の他、自詠の歌を書いたものなども展示されている。人形は、神話などを題材にした『古き時代に』、愛らしい子どもたちを人形で創った『幼きものを』、エキゾチックな美女などが並ぶ『異国へ』という3つのテーマに別けてあった。

どの人形も素朴で、しかも格調の高い独特な美意識に溢れており、その繊細な表情に思わず見入ってしまう。

この展示会は入場無料で、休館日は月曜日。展示期間は間もなく終わってしまうが、その前にぜひご覧になってみていただきたい。


「人間国宝 鹿児島寿蔵展」

会 期:2009年4月7日(火)~7月20日(月・祝)
会 場:旧新橋停車場「鉄道歴史展示室」
(JR新橋駅 徒歩5分、都営大江戸線汐留駅 徒歩3分)
開館時間:11:00~18:00(入館は閉館の15分前まで)
休館日:月曜日(但し、祝日の場合は開館、翌日は休館)
[PR]
by kiki_002 | 2009-07-14 23:56 | 美術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/11526433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
検索