観世流仕舞入門 宅稽古④
今月は、第1日曜日のお稽古を都合で休んだので、ちょっと久しぶりのお稽古。浴衣で行きたいところだったのだけれど、送り盆でお墓に行ったりしているうちに、時間がなくなってしまい断念。

で、引き続き「熊野」。

すいません、休んでる間に自主トレしていませんでした……と、思わず先生に謝りたくなってしまう出来栄え(涙)。ひととおり覚えているはずなのに、けっこう何箇所もつまずいてしまったり。

とりあえず、1度自分で舞ってみた後、先生からいくつか。

まずは謡。押し出すように、母音を意識して、と言われる。先生の謡に合わせて謡うと、なんとなくいい感じに聞こえるのだけれど、1人で謡うと相変わらず音程が怪しい。

やや長めに謡の練習をしていると、どうやら、いつもと違う喉の使い方をしているようで、たいして長い時間やったわけでもないのに、ちょっと咳き込む。

仕舞の方では、いつも言われているのだけれどひとつの動きから次の動きへの間の時間を楽しむよう、じんわり動くように。

開きのときに余計な動きをしてしまわないように。肘は内側にいれずに少し外に向けるように。左右のときの角度は、もっと前方でいい。目線の向き。

なかなか上手くなっていかないけれど、教えていただいたことが少しずつでも身につくように、今日はちょっとだけおさらいしてみた。

なにしろ日頃の動き方がガサツなんだろうなぁ。この「熊野」はしっとりと舞えるといいんだけど。

来週もお稽古がある。もっと上手く舞えるように、今日言われたことを忘れないで次のお稽古に臨みたい。
[PR]
by kiki_002 | 2009-08-16 23:57 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/11746697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
検索