手書き
だいたいペンで文字を書くってことが、ずいぶん少なくなっている。そりゃあ、鉛筆やボールペンでメモを取ったりはするけれど、人に見せる文章はもうほとんどパソコンを使ってしまう。

仕事はもちろんプライベートだって、年賀状は宛名も文面もパソコンだし、友人とのやり取りはほとんどメールだし、それどころかメモだって手で書くよりもパソコンに残す方が圧倒的に多い。

ある人に手紙を書きたいと思って、自分がまず最初にしたことは、パソコンで下書きをすることだった……ってのがなんとなく情けない。書いたり消したり膨らませたり削ったり、そうやってひとつの手紙を形にして、それからペンで清書しようと思ったのだけれど。

一筆箋やカードくらいは買い置きがあるけれど、気の利いた便箋や封筒がない。そして、お気に入りの万年筆は、いったいどこにしまったのだっけ?

そんなドタバタの末、ようやく手で書き始めてみると、どうもパソコンの下書きと勝手が違う。大筋はそのままだけれど、文章は下書きから離れて、微妙に違う文体になっていく。

不思議なものだ。書く道具が違うと文章も違ってくるなんて、思ってもいなかった。

パソコンにはパソコンの、手書きには手書きのスタイルがあるんだろう。個人的には、パソコンの方が饒舌で、同じことを言うにも多くの言葉を費やしてしまう。手書きで書くときは、ややまったりと言葉を選びながら進む。

他の人から見たら、それほどの違いはないのかもしれないけれどね。とりあえず、手紙の清書を終わらせて、他の仕事に移る前に、ちょっと考えてみなくちゃ……。
[PR]
by kiki_002 | 2009-08-22 23:57 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/11785761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
検索