観世流仕舞入門 宅稽古⑤
で、今日も引き続き「熊野」を。

まずは通して舞ってみる。先週よりはマシかとも思うけれど、途中で真っ白になったところもあったり。

先生からは、いつも言われることだけれど、ひとつひとつの動きを丁寧に、と指導される。「優雅に」と3回も言われてしまった。すいません、人間がガサツなもので(泣)。

次の動きを意識しすぎて、ひとつひとつの動きを最後まで丁寧に終わらせていないようだ。

左右のとき、きちんとネジって向きを変えてから、前に出るように。特に左へ出るときに、向きを変える前に足が出てしまっているとのこと。

扇を開くとき、焦るせいか左手で迎えに行くのが早過ぎるらしい。1度扇をおろしてから、身体の前に扇を上げる。そのときに胸から扇を見るように。で、そこで両手で扇を持つ。

う~~ん、読んでる方にはわかりにくいと思うけれど、とりあえず覚え書きとして。

それと、最後の位置へ戻るところが、上手くいかない。どうも大きく回り過ぎてしまうようだ。

全体に、もっと丁寧に意識して動かないといけないなぁ……。

そろそろ次の曲へ移るかどうか、先生がちょっと考えてらっしゃる。「じゃ、次は『熊野』をどう舞いたいか、考えて舞ってみてください。で、大丈夫そうなら次の曲に入りましょう」と。

そうですか~~。今度こそ、少し自主トレしとかないと、カッコつかない……だろうなぁ。
[PR]
by kiki_002 | 2009-08-23 23:58 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/11792437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧