平成21年『閑能会別会』
平成21年9月12日(土)11:00~、観世能楽堂にて。

連吟「放下僧」 関根はな恵、峯村あい子、渡辺洋子、依田明子
   「半蔀」 高梨万里、柴田孝昭、岡本九十九、長宗一雄、斉藤剛

仕舞「春日龍神」 岡庭祥大

能 「養老」水波之伝
シテ:高梨良一、ツレ:関根祥丸、天女:長宗敦子
ワキ:宝生欣哉、ワキツレ:館田善博、御厨誠吾
大鼓:大倉英太郎、小鼓:鵜澤洋太郎、太鼓:小寺佐七、笛:一噌隆之
地頭:角寛次朗

仕舞「生田敦盛」キリ 山階彌右衛門
   「山鳥」 木月孚行
   「融」 観世芳伸

狂言「瓜盗人」
シテ:善竹十郎、アド:善竹富太郎

能 「卒塔婆小町」一度之次第
シテ:関根祥六
ワキ:宝生閑、ワキツレ:大日方寛
大鼓:安福建雄、小鼓:曽和正博、笛:一噌庸二
地頭:野村四郎

仕舞「雨月物語」中入前 関根知孝 
   「野宮」 野村四郎
   「邯鄲」楽アト 角寛次朗

能 「鵺」白頭
シテ:関根祥人
ワキ:森常好
間:善竹大二郎
大鼓:佃良勝、小鼓:観世新九郎、太鼓:観世元伯、笛:内潟慶三
地頭:関根知孝


観てきてからもう1週間近く経ってしまったけれど、とりあえず覚え書き程度に感想等を。

珍しく最初の連吟では眠くならなかった。けっこう素謡とか連吟は気をつけないと眠くなりがち。もっとも11時から17時という長丁場。ずっと集中していた、とはとても言えないけれど。

「養老」はシテとともに若々しいツレが登場したり、天女が舞ったりと、登場人物が多彩で、素人目にも楽しい雰囲気。

狂言は、あれ?一昨年の閑能会別会も同じ「瓜盗人」だったような……。シテも同じ方だったような気がする。

「卒塔婆小町」は、静かな中にも息をひそめるような気迫と気品のある舞台だった。

そして、今回もっとも印象的だったのは「鵺」。特に後半の白頭でのご登場からは、軽やかな美しさに眼を奪われた。橋掛かりを使った動きや床几に腰をかけて舞い始めるキリの部分など動きの多いところに惹かれる。そして、面を通して聴こえる深みのある声が印象的だった。

年1回の特別な会。演目も多く、関わる方も多いことだろう。その中にじっくりと腰を据えてお能の雰囲気に浸った、なんとも贅沢な時間だった。
[PR]
by kiki_002 | 2009-09-18 23:58 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/11961644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧