観世流仕舞入門 宅稽古⑧
今日は、芝居を観る予定を入れてしまったので、お稽古の時間を午前中に変更していただいた。

基本的に、第1・第3日曜日はお稽古があるので空けてあるのだけれど、その他に毎月もう1回稽古があって、その分は月によって日が違うので、油断しているとこういうことになってしまう。

幸い、カルチャーのお稽古がない日なので、早い時間に変更していただけて助かった。

そして、今日は着物でお稽古に行った。

カジュアルなブラックデニムの生地に、淡い紫の半幅帯。でもねぇ、この着物、最初に観たときはけっこう粋な雰囲気で着られるかと思ったけど、実際に着ると体格のよさが災いして、あまりにも飾り気のない男物のような感じになってしまう。

カルチャーの頃は着物でお稽古に行ったこともあるけれど、宅稽古になってからは初めて。構えるときなど、やはり着物だと気を遣う部分もあって、勉強になった。

さて、お稽古は「鶴亀」の続き。前回のお稽古から全然復習をしておかなかったので、舞台に上がってもどうしていいかさっぱり思い出せない。

とりあえず、先生の指示を聞きながら、ぼんやりと思い出しつつ舞ってみる。お恥ずかしい出来栄えで先生に申し訳ない状態だった。

次に先生と一緒に。全体の流れは思い出してきたけれど、着物に意識が行くせいか、足の運びがおろそかになっていたらしい。やはり一番の課題はそれなのかもしれない。いつも言われることなのだけれど、『舞台を削るように』歩くことがなかなか難しい。

前回褒めていただいたシテ謡の部分も、もうちょっと上げる感じで謡うように言われる。まあおめでたい演目だし、少し張る感じで声を出していきたいと思う。

次の日曜にまた稽古がある。今回の反省を活かして、今度こそ少しでも練習してからお稽古に臨もうと思う。


そんなお稽古のあと、新宿紀伊国屋ホールで水木英昭プロデュースの『虹色唱歌』の千秋楽を観た。こちらについて、詳しくはまた近日中に。
[PR]
by kiki_002 | 2009-09-27 23:12 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/12017884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
検索
画像一覧