劇団ZAPPA 第14回公演「花 hana 2009」
平成21年10月3日(土)19:00~柊(ひいらぎ)組、11日(日)14:00~椛(もみじ)組、SPACE107にて。

作・演出/澤田正俊

主演/
柊組
相楽総三:南利寛(劇団ZAPPA)、
伊牟田尚平:角昌太郎(劇団 生命座)、権田直助:小菅達也、
金原忠蔵:あやいち(B.S.CAL)、大木四郎:七原靖(フェザーインターナショナル)、
江島惣一郎:藤田信春、
謹吾:広瀬圭祐( 東京パワーゲート)、源一郎:田辺聖尚、三郎:橋本仁、
健彦:吉本猛士、
やつで:喜多史江(㈱フェイスプランニング)、かずら:高橋裕美、なずな:治田知香子、
うつぎ:松菜美樹、すず:松坂南(グランマザー)、
つばき:冨山華園、
てる:新田えみ、おはま:押川チカ、
大原数馬:澤田 正俊(劇団ZAPPA)

椛組  
相楽総三:南利寛(劇団ZAPPA)、
伊牟田尚平:片柳克敏、権田直助:倭文俊、
金原忠蔵:遠藤亮(スターワールド学院)、大木四郎:北崎秀和(スーパーホシイカトライブ)、
江島惣一郎:北田拓朗(BESIDE)、
謹吾:東野善典、源一郎:村山新、三郎:中山和久、
健彦:斧口智彦(ニチエンプロダクション)、
やつで:橘志乃、かずら:らむ、なずな:永峰絵里加、
うつぎ:石田小百合(東京P.R.O)、すず:大久保悠依、
つばき:根本 のりか、
てる:三島冨美子(劇団ZAPPA)、
おはま:池田奈美子(フラッシュアップ)、
大原数馬:澤田正俊(劇団ZAPPA)

両組共通:鈴木駿也(東京アナウンス学院)、青木裕美子、津島麻実  


いやぁ、泣いた。   

『幕末エンターテイメント』というキャッチフレーズを持つこの劇団、以前観た「猿 mashira 2009」もよかったけれど、今回はまた本当にやられた、という気がする。

2度観て、2度ともボロボロ泣いてしまった。悲しいというだけではない。なんていったらいいか、ベタって言ったら気恥ずかしいくらいベタなんだけど、それが悔しいくらいツボにはまってきて、わかっていても泣けてしまう。

2度観た、というか、ダブルキャストの両方のバージョンを拝見したのだけれど、役者さんが代わることででそれぞれの役に対する印象は違うものの、脚本や演出は大きく変えず、どちらのバージョンもキッチリと思いが伝わってきたように思う。

時代に翻弄された赤報隊の悲劇と抜忍の女たちが隠れ住む村をモチーフに愛するもののために戦うことを描いたこの物語は、逆境の中でも立ち上がろうとする人間の強さを感じさせて、観終わった後に清々しい印象が残る。

愛するものを守るために、戦うこと。命をかけても信じるべきものがあること。共にあることへの感謝。ささやかな暮らしの中の幸せ。

すずの「兄ちゃんは……カッコよかった?」というセリフの切ない美意識が、この物語を象徴するような気がした。

生まれてくる新しい命に託す女たちの思い。変わっていく時代の中に、変わらないものがある。……そういう物語。

自分だけではなく会場のあちこちからすすり泣く声が聞こえて、こういう思いをたくさんの人と共有することの出来る幸せを感じた。
[PR]
by kiki_002 | 2009-10-12 23:57 | 舞台 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/12113765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by axe at 2009-10-14 03:13 x
通りすがりに失礼いたします。

椛組/健彦を演じておりましたものです。
"劇場での感動を共有できる"という点では、
ある意味、演じている役者も全く同じです。

なにより、そういった思いが伝わっていることがもっとも幸せな瞬間です。
ご来場、誠にありがとうございました。
Commented by kiki_002 at 2009-10-14 12:33
axeさま、コメントありがとうございます!
そして、素晴らしい舞台をありがとうございました。

劇場でこんなに泣いたのは、初めてでした。
観ている側のこの感動が、ステージの上にも伝わっていたら、
こんなにうれしいことはありません。

これからますますのご活躍を楽しみにしています(*^_^*)
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧