謡曲と映画
毎年、県の芸術祭というのがあって、要は地元のアマチュアの発表会なのだけれど、そのメニューのひとつに「謡曲大会」がある。

謡曲とか謡(うたい)というのは、お能のいわば脚本部分をフシをつけて朗読するようなモノだ。お稽古事としてはけっこう古くから広まっていたようだけれど、まあ今の時代、地味な印象は免れないだろう。

それでも、午前10時から午後4時半くらいまで、県内各地・各流派の方が集まって、発表していくのを見ると、けっこうこういうことをやってる方も多いんだなぁ、という気がする。

まあ、自分もせっせと(?)仕舞のお稽古に通っているのだから、もちろん人のことを物好きとか言う訳にはいかない。

謡曲が言葉の部分なら、仕舞はお能の舞の一部分で、動きのある部分を切り取って舞うため、けっこう観ていても面白いと思う。

謡曲大会では、もちろんお謡がメインだけれど、仕舞の発表も少しはあって、自分の教えていただいている先生の教え子も数人登場するということで、観に行った。

目当ての仕舞は、大会の最後の部分に3人出演することになっている。

最初は、小学生の男の子が舞う「春日龍神」。風情というにはまだ幼いけれど、けっこう激しい動きもある舞をキビキビと舞っていく。

次は男性の舞う「屋島」。勇ましい合戦の様子を、まだお若い男性が舞うことで、力強く爽やかに感じられ、観ていて気持ちがいい。

最後には、若い女性が「玉鬘」を舞った。華やかさやしなかやさと同時に、やはり力強さもあり、最後を飾るのにふさわしい舞だったと思う。

こういうのを見ると、自分のお稽古もがんばらなくちゃなぁ、という気分になる。

ご挨拶だけ済ませて、そのまま映画館へ向かう。「サイドウェイズ」という映画、観たいと思っていたのに、今度の金曜までの上映のようだったので。

小日向文世さん、生瀬勝久さん、鈴木京香さん、菊池凛子さんっていうメインキャストの顔ぶれがなんとも好み。

急いで生きるだけが、人生じゃないよね、寄り道するのもいいもんだ。そんなイメージの大人のおとぎ話。

詳しい感想は、例によって近日中に。相変わらず、遊んでばっかりの1日。まあ、見逃しといてください。
[PR]
by kiki_002 | 2009-11-16 01:32 | 映像 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/12323789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by モトリークルー at 2009-11-16 22:19 x
生瀬さんとは 以前何度かお食事をした事があります。ホント格好いい人ですよ。昔関西で「売名行為」って演劇ユニットがあって、それはもう凄い人気でしたね。ユニット解散後 ユニットに参加した他の役者達が活動再開を夢みてた中で 彼は「解散したんだから もう忘れましょうよ。同じユニットで活動する気持ちはない。又全く違う活動したいね。その方がきっと 刺激的やし」って語ってた。 僕は好きですね。そういう考え方って。
Commented by kiki_002 at 2009-11-16 23:38
生瀬さんとお食事!いいですねぇ♪

映画でも、いいかげんでナンパなのに、なんともチャーミングな男を演じていらっしゃいました。舞台では、1度しか拝見したことがありませんが、テレビでの印象よりずっとスマートな雰囲気だったように覚えています。
できたらまた、舞台で拝見したい役者さんです。
Commented by モトリークルー at 2009-11-16 23:55 x
舞台出身の俳優さんて テレビに出ると浮いてしまいがち(市村正親さんなんかが特に感じる)なんですが 生瀬さんてその点はホント器用な役者さんですね。プライベートは本当に もの静かで 照れ屋さんですね。今はとてもビッグになってしまって少し寂しい様な 嬉しい様な。
Commented by kiki_002 at 2009-11-17 00:18
そうなんですか~。
テレビでは、テンション高めな役が多い気がしますが、物静かな方なんですね。
だとすると、やはり器用……なのかもしれませんね。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧