「このミステリーがすごい!2010年版」
なんとなく、毎年買ってしまう「このミス」。

今年の巻頭は、「このミス2009年版」で1位に選ばれた伊坂幸太郎さんの「ゴールデンスランバー」の映画化記念として、主演の堺雅人さんのインタビューが載っている。また、東野圭吾さんの特別寄稿や海堂尊さんの書き下ろし短編なども掲載されていて、なんとなくお得な感じ。

でも、なんといってもメインは今年のミステリーのランキング。パラパラとめくってみて、気がついた。あ~、国内海外それぞれのベスト10、あわせて20作のうち、アタシ1作しか読んでないや。

読んでいたのは、米澤穂信さんの『秋期限定栗きんとん事件』(上・下)。お気に入りのシリーズである『春期限定いちごタルト事件』や『夏期限定トロピカルパフェ事件』の続編で、今回も小鳩くんや小佐内さんが活躍する、ほろ苦い青春ミステリーとなっている。これが、国内編の第10位だそうだ。

同じ作家による連作短編、『儚い羊たちの祝宴』が第17位に入っていて、上記の作品とはずいぶん雰囲気が違うようだけれど、これもまた面白そうだ。近いうちに読んでみたいと思う。

ついでに言えば、作家別得票数の集計では、この米澤穂信さんが1位になっていて、なんとなくうれしかったりした。

それにしても、こうしてみると最近めっきり本を読む量が減ってるようだ。そりゃあ、もともと話題の新刊をバリバリ読むというわけではなかったけれど、それでもこういうランキングを見ると、読んだ覚えのある本が何冊かは入っていた気がするのに。

まあ、とりあえず「このミス」を眺めて、面白そうな本を何冊か手に取ってみたいと思う。
[PR]
by kiki_002 | 2009-12-16 23:47 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/12503301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30