観世流仕舞入門 宅稽古⑭
日曜日、諸事情で約1ヶ月ぶりのお稽古。前回「西王母」が終わったので、今回から「東北(とうぼく)」のキリという曲を教えていただく。

前回は桃の精だったが、今回は梅と和泉式部。雅な曲が続くのに、なかなか優雅な動きにはなりそうもない。困ったものだ。

先生の動きにあわせて、何度か繰り返す。だいたいの流れはつかめただろうか?舞台上での動きは?

次のお稽古で、「じゃ、やってみてください」と先生がおっしゃったときに、立ちすくまない程度には練習しておかないと駄目かなぁ。まあ、優しい先生なので、駄目なら駄目でちゃんと教えてはくださるのだけれど、失礼にならない程度には、覚えておきたい気がする。

そして、年明けの初謡会の仕舞と謡の曲を決めた。日程調整の結果、初謡会といいながら、2月になってしまったので、多少練習の時間はある。正直、仕舞よりも謡の方が荷が重い。あの独特の抑揚が、どうも上手く出来ないんだよね。謡の方もきちんと教えていただいた方がいいんだろうなぁ、とは思うんだけど。
[PR]
by kiki_002 | 2009-12-23 23:47 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/12541446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧