「ちきゅうばこ~空色いぬくんと虹色カエルちゃんのヘンテコ大冒険~」
平成21年12月27日17:00~、座・高円寺にて。

作/石原美か子
演出/上ノ空はなび

出演/
上ノ空はなび、野崎夏世、松元治子、丸本祐二郎、鈴木琢磨(to R mansion)
松居大悟、目次立樹(ゴジゲン)
音室亜三弓、石橋和也(ハレのヒ)
田中美央(俳優座)
丹野晶子
紙磨呂(東京都ヘブンアーティスト)
ヤノミ、クロナツ(小心ズ)
倉持健吾(ハナケンゴ)

日本劇作家協会プログラム 石原美か子+to R mansion
「ちきゅうばこ~空色いぬくんと虹色カエルちゃんのヘンテコ大冒険~」

あらすじ

空色のいぬくんの宝物は「ちきゅうばこ」。「はこ」なんだけれどただの箱じゃないみたい。カバンになったり、ボールになったり、いろんな形に姿を変えます。ピョンピョン跳ねたり、暴れたり……。中に何が入っているのか、いぬくんも知らないみたいです。虹色のカエルちゃんは「はこ」が欲しくてたまりません。ある日、カエルちゃんはいぬくんに黙って「はこ」を持ち出してしまったのですが……。

「ちきゅうばこ」は一体どうなったのでしょう? そしてその中に入っているものは?

言葉や会話の面白さと、オブジェクトマイム(身近にある物を使ったパントマイム)といった身体表現の豊かさを盛り込んだ、子どもも大人も楽しめる舞台。スタイリッシュでユーモアあふれる不思議な世界へ、みんな一緒に出かけませんか?登場人物に話しかけたり、話しかけられたり……。赤ちゃんから大人までみんな一緒にドキドキワクワクを感じていただける作品です。(劇場HPより)


開演前から客席にパフォーマーが現れ、ひと足早く不思議の国へと誘う。知らん顔で通り過ぎるオトナ。怖がって泣き出す子どもや、うれしそうに手を振る子ども。

不思議の国の不思議な住人たち。いぬくんのおうちのたくさんのパパとママ。虹を渡ってパパに会いに行きたいカエルちゃん。郵便物より軽いゆうびんやさん。2人一組の駅員さん。宝物を探すヒヨコとバッタとカタツムリ。

それぞれの探していたものは何か、本当に大切なのは何か。そんなことを思いながら物語が収束していき、真っ白だったいぬくんとカエルちゃんの衣装が、それぞれの色を取り戻すラストが美しい。

未就学児も含め、子どもの目立つ客席。童心を取り戻して、子どもたちと一緒に楽しめる、パフォーマンスや歌に満ちたキラキラした舞台。……絵本を読むような、オモチャ箱を広げたような、そういう舞台だった。
[PR]
by kiki_002 | 2009-12-30 23:57 | 舞台 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/12580751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しの at 2009-12-31 23:37 x
お付合いありがとうございました。
楽しんで頂けて嬉しい限りです。
Commented by kiki_002 at 2010-01-01 02:18
こちらこそ、ありがとうございました。

素敵な舞台でしたね。楽しかったです♪
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧