しゅうくりー夢Vol.48 『異説 卒塔婆丸綺談』
平成22年1月30日(土)14:00~、18:00~、恵比寿・エコー劇場にて。

作・演出/松田 環

出演/
とら:中村誠治郎、たつ:島田朋尚
伊織:宮田彩子、真乃:桃瀬ツカサ

潮路:松田 環、忠治:原 丈二、帆平:松澤太陽(テアトル・エコー)
勇太郎:平山佳延、日向:吉田玲奈、鹿子:中村知世

入江惣三郎:鈴木優介
設楽慶康:各務立基(花組芝居)、
保科京之介:中村英司(Z団)、大賀籐兵衛:ワダ・タワー(クロカミショウネン18)

才谷梅太郎:横井伸明

さて、おなじみのしゅうくりー夢、それも過去の人気作品の再演で、個人的には鉄板のはず。その上、多彩で豪華な客演陣、オリジナルの衣装や音楽、などなど楽しみな要素がたくさん。それなのに、実はやや複雑な部分もあって。

初演で、劇団員さんたちや常連の客演の方たちでつくられていた当時のしゅうくりー夢らしい世界観を、若くて美男美女揃いの客演陣が演じることに、少しばかり不安を感じたり。

でも。そんな馬鹿げたこだわりはやはり杞憂だったようだ。

幕末。漁師たちが恐れる、噂の海賊船 卒塔婆丸。荒くれた海賊たちの中に、とらとたつという2人の若者がいた。

この2人と島の海賊仲間、政略結婚から逃げ出したお姫様とその侍女、そして島に流れ着いた奇妙な男 才谷梅太郎などの交流。

姫君の結婚相手のお家の家老やその部下のサムライたちの企み。そこに加わった浪士あがりの入江惣三郎という男。

島の面々もサムライたちも、それぞれの見せ場があり、その人物の思いや過去があり、それが物語に奥行きを与えている。

主人公のとらとたつは、ルックスも端整だし動きもキレイで、2人が舞台に立つととても絵になる。

ヒロイン2人は、個性の違いが明確で、それぞれいじらしく可愛らしい。

部下たちとの関係に悩む潮路姐さんをはじめとする島の衆は、対立やそれぞれの思惑も抱えながら、一蓮托生の絆を感じさせたり。中でも、若いお頭 勇太郎を演じる平山佳延さんが、情けなくて頼りない若者をチャーミングに、そしてどこか芯は1本通っていると思わせる感じに演じていて好印象だった。

サムライたちも、各務立基さん演じるいかにも腹黒そうな(?)家老 設楽が実はかつて姫君の母に恋していた…なんていう過去があったり、堅物の大賀、飄々とした保科、怪しげな浪士上がりの入江など、それぞれ個性的で。特に中村英司さんの演じた保科は難しい役だと思うが、きちんと説得力があった。また、入江の狂気をはらんだ目つきを鈴木優介さんが凄味と色気のある演技で見せてくれて印象的。

そして、謎の男 才谷梅太郎。スケールが大きくてしかも可愛げのあるこの役を横井さんがやると、しゅうくりー夢ファンならわかってもらえると思うけど、もう反則だと言いたいくらい、バッチリ決まっていて。

初演のイメージより華やかでスピーディに感じられたけれど、カッコいいだけでなく、人を思う気持ちやその切なさを描き、この劇団らしい作品となっていたように思う。

殺陣もたっぷり、恋愛も、陰謀も、幕末の歴史も、友情も、笑いも、涙もあって、見応え十分なのに、あっという間の2時間20分。2月7日まで上演中なので、気になった方はぜひご覧になってみていただきたい。きっと後悔しないと思います。
[PR]
by kiki_002 | 2010-01-31 23:49 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/12757144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧