『ドリル魂-YOKOHAMAガチンコ編』2日目!!
このところ、この話題ばかりが続くので、関心のない方には申し訳ないくらいなんだけど。とはいえ今日なんか他にかくことなんて考えられないから、もう少しお付き合いください。

初日が終わった後、扉座ファン仲間のブログ等を巡回したら、みんな似たようなことを書いていた。「興奮しちゃって眠れません!」って。まあ、もちろん自分も例外じゃなく舞い上がっていて、同行してくれた友人にいろいろ迷惑かけたりしているなぁ、とやや反省。

で、どうなんだろう?初めて扉座をご覧になる方、たとえばゲストのどなたかのファンの方がご覧になっても、同じようにテンションあがるのかどうか、そこはちょっと気になる。

前の記事でもちょっと触れたとおり、公民館を建設中の工事現場が舞台。度重なる設計変更で進捗が遅れがちなその現場。大手建設会社の担当者と下請けである轟組のやりとりを軸に、不良女子高生との交流や仲間内での恋愛模様、それぞれの仕事にかける思いなどが綴られていく。

自分でも意外だったのだけれど、AKB48のメンバーの場面でどうも涙腺が緩みがちになる。相対する犬さんの存在感はもちろんだけれど、少女たちの真摯さ・必死さに胸を打たれるのかもしれない。

もう一方のゲストである森田さん。歌うまい。身体動く。アクションシーンももちろんだけれど、「ドリル魂のテーマ」やアンコールの「ハードワーク」でのダンスもとてもよかった。

気弱そうな登場から乱闘シーンでのはじけぶり、母への思いを歌う場面など、見所も多くて。

そして轟組。

芝居らしい芝居をするのは、ほんの数人なのだけれど、その後ろのイントレや周囲の様子を見て欲しい。どの場面でも、それぞれのキャラや場面にあった動きがあって、メインの芝居をサポートしている。それを観ているとしだいにメンバー全員に感情移入し始めてしまう。

2日目もよりパワーアップしている印象で、いくつかのトラブルもありながらそれをリカバーする様子も頼もしく、終盤の無言で踊る「ドカタケルト」に続いて「ドリル魂のテーマ」が歌われると、じんわりと涙が出そうになった。

そうそう、この舞台の見どころのひとつに、ラッキィ池田さんの振り付けによるダンスがある。お洒落でカッコいいダンスというより、ややコミカルで親しみやすかったり、あるいは泥臭く力強かったりとその場面場面の感情を盛り上げてくれる。

そんなダンスの中で今回のお気に入りは、棟梁とがん平の友情を歌う「生傷アミーゴ」。なぜか途中で騎馬戦を挟みつつ、やや懐かしい感じのアイドル風の振り付けを大の男が真剣に踊る様子がけっこう可愛らしくて(笑)好き。

2日目のソワレの後にはアフタートークがあった。

扉座主宰の横内謙介さんが司会して、まず最初に登場したのはAKB48のメンバー4人。

いや、トーク上手なのよ、彼女たち。お姉さん感服しました。今回の舞台の感想から、観客への感謝の言葉、苦労した点、そして、この舞台に出られてよかったとまとめるあたり、もう大人でもなかなかこうは言えない。中学生や高校生ながら、さすがに場数を踏んでるなぁ。

続いて、森田さんが登場し、AKB48とそれぞれお互いの印象などを語る。……とここでマイクが1本故障してしまう。気を使って何度も自分たちのマイクを差し出すAKB48の少女たちに、そのたびに「大丈夫、生声でも後ろまで聞こえるから」と言い、最後までマイクなしでトークされてました。いやさすがに声がよく通ります。おっしゃるとおりマイクなしでもよく聞こえました。

次に轟組から、エリ役で美しいダンスを見せてくれる小牧さんと、小梅役で素晴らしいエアリアルを披露してくれる桧山さんが登場。

「ドリル魂」の前身である「東京建築ショー」の準備から関わっている小牧さんのこの舞台への思いや、難しいアクロバットの最中でも、フィジカルなことだけでなく芝居としての感情が大切だという桧山さんの話が印象的だった。

最後に、劇団から棟梁竹松役の累央さんとがん平さん、そして犬飼さんが登場。棟梁はなぜか騎馬戦のときのように若手に担がれて登場。しかもサングラスと龍柄のツナギ風の服、そしてサンダル履きと、ガラの悪い(笑)スタイル。他の方は全員衣装だったんだけどね。

ここでも、ゲストの方の印象などについての話題を順に語り、そうこうしているうちに、タイムリミット。中学生は法律上21時以降仕事できないため、まず退場し、それからすぐにトーク自体も終了。なぜか出演者が自分たちで椅子を片付けつつ退場していった。

そんなこんなで、2日目も終了。そして、今日はとうとう千秋楽。

たった3日。始まってしまえばあっという間だった。出演している方は大変だと思うけれど、もう少し長い期間、公演して欲しいという気がする。

千秋楽も当日券は出るらしいので、興味のある方はぜひ足をお運びください。


劇団扉座 愛とガッツの現場ミュージカル、熱く上演!
Arts Fusion in KANAGAWA
『ドリル魂 YOKOHAMAガチンコ編』

作・演出:横内謙介
音楽監督:長谷川雅大
振り付け:ラッキィ池田・彩木映利
エアリアル振付:若井田久美子

出演:累央 鈴木利典 岩本達郎 上原健太 高木トモユキ 
安達雄二 上土井敦 新原武 串間保彦 藤本貴行 瀧田和彦
鈴木里沙 川西佑佳 江原由夏 栗原奈美 鈴木崇乃
杉山良一 中原三千代 犬飼淳治
小牧祥子 桧山宏子
森田成一 
仲川遥香 平嶋夏海 菊地あやか 岩佐美咲 <AKB48>

会場:神奈川県立青少年センターホール

公演日時:
2月26日(金)18:30開演
2月27日(土)13:00/18:00開演
2月28日(日)14:00開演

チケット料金:〈全席指定〉
一般前売 3000円/当日券 3500円/学生割引等あり

扉座ホームページ
http://www.tobiraza.co.jp/
[PR]
by kiki_002 | 2010-02-28 09:57 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/12968173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧