で、「マクベス」
今日は、その(どの?)萬斎さんのマクベスを観に世田谷パブリックシアターへ。

これはねぇ、リーディング公演のときにチケットを取りそびれて、とても悔しかったんだよね。なにしろ、「リチャード三世」を翻案した「国盗人」がとてもインパクトあったし、またシェイクスピア、それも「マクベス」を萬斎さんが取りあげてどう料理したのか、気になって気になって。

だから、今回の公演が決まったときにはもうホントにドキドキした。

「マクベス」と言ってまず思い出すのが、数年前に観た りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピア・シリーズ「マクベス」。

装置も大道具もない能舞台で演じられた、言葉の美しさと観客の想像力を生かしたシェイクスピア。特に、マクベス夫人を演じた市川笑也さんの美しさと、エンディングでのマクベスと夫人の道行きが印象的だった。

それから、去年の3月に観た脇組の戦国シェイクスピア第一弾「BASARA~謀略の城」。マクベスを戦国時代の武将 松平弾正久秀に置き換えた、戦国シェイクスピア。

舞台狭しと繰り広げられる殺陣やダンス、大人数でのアクションがとても贅沢な舞台で、その中でマクベス夫人にあたるお艶が流産し、狂っていく様子が壮絶だった。

そして今回。これまで観てきたものとはまただいぶ違う独特の世界観を持った「マクベス」だった。

詳しい感想は、改めて近日中に。
[PR]
by kiki_002 | 2010-03-20 23:54 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/13161265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
検索