休日満喫
土曜日には、麻布十番と池袋で観劇。

でもその前に、少し早めに家を出て新宿へ。 伊勢丹にちょっと用があったのだけれど、まずはBERGで軽く腹ごしらえ。

混んでいたので座れず、壁際のカウンターに立つ。ちょうど店内で舞台写真の展示をやっていたので、壁に並んだ写真を観ながらコーヒーとベーコンドッグ。相変わらずコーヒーもベーコンも美味しい。

それから伊勢丹へ。 ジィオデシックで頼んであった指輪を受け取ったり、ジャン・ポール・エヴァンの喫茶コーナーでショコラショー(ホットチョコレート)とブリオッシュのセットを頼んだり。温かいチョコレートで気持ちも温まった。

そうこうしているうちに、気がつけばけっこうタイトな時間。しかもマチネは初めての劇場なので、ちょっとあわてて麻布十番に向かう。 大江戸線は深いところになるので、ホームに行くまでにけっこう時間がかかる。

幸い、迷わずに劇場に着けたものの、入ってみるとすでに前説が始まっていて、邪魔にならないよう、なるべく静かに席に着く。

劇団DMF B-side「SLeeVe~スリーヴ」@アトリエフォンティーヌ。DMFという劇団の芝居はこれが2度目。前回はSFで、今回は妖怪モノ。どっちも好きなタイプの話だ。

生き残った者が勝者となり、心からの望みを叶えることができる、『百鬼夜行』というゲームに巻き込まれた(?)主人公と婚約者。しだいに明らかになる主人公と婚約者のこれまでの葛藤。

もう一方で、血のつながらない兄弟と兄の恋人の3人の折した愛憎が印象的に描かれる。妖怪より人間の方が怖い、と思わせる兄の悪党ぶりと、そんな男にどうしようもなく惹かれてしまう恋人や兄への屈折した愛憎に性格までゆがんでしまった弟。その関係が、なんていうかとても切なくて。

その他の人間も妖怪もキャラが立っていて感情移入しやすく、これからどうなるのか、ずっとドキドキしながら観ていた。

終演後には、アフタートークが。6人のキャストが印象に残ったシーンや自分の役以外でやってみたい役などについて語る。それぞれの個性の出る回答に、飽きることなく聞けて楽しかった。

帰りに「スリーヴ」初演のDVDを購入。観るのが楽しみだ。

それから、池袋へ移動。お友だちと落ち合い、軽く腹ごしらえ。

ソワレは、劇団ZAPPA第15回公演「鬼ONI」。幕末の江戸で、病と闘う蘭学医たちとそこに現れた一人の奇妙な男。この国の医学を飛躍的に進歩させるかもしれない、その男とは……。

ZAPPAらしい熱い群像劇。幕末の医学と桜田門外の変を絡めて、立ち回りもタップリで、大迫力だった。

マチネもソワレもとても面白く、気持ちよく観ることができた。ただ、心配していたとおり咳が治まらず、上演中に何度か咳き込む。マスクとハンカチで抑えていたものの、周囲の方にどれくらい響いたか気になって、心苦しかった。

しかし体調が悪くても、少しも眠くなったり疲れたりしなかったのは、2本ともとても納得のいく芝居だったから。やっぱり舞台を観ると元気が出ます。

観てきた舞台のもうちょっと詳しい感想は、たぶん近日中に。
[PR]
by kiki_002 | 2010-04-25 14:16 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/13526681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧