観世流仕舞入門 宅稽古24
で、昨日のお稽古から『杜若(キリ)』。

前回まで教えていただいていた『東北(キリ)』の反省を活かし、今回はやや予習を。曲のシチュエーションや言葉の意味などを少しだけ調べておく。

なるほど、在原業平を思う杜若の精……っていうことなのかな?

って、あれ?この前が和泉式部の霊(?)で、その前が桃の精(?)みたいな感じで、とりあえず人ならざるものばかり続くなぁ。それもたおやかで優美な印象の役ばかり。

どうやら、そういうのが苦手なので何とかさせようと思ってらっしゃるようだ。次は右、それから前、とかそういう動きを急ぐのではなく、そこへ至るまでの時間を楽しんでください、と何度言われたことか。

まあ、せっかくのお心配りなので、なんとかその甲斐があったと思っていただけるようがんばりますが。

しかし、今回の問題は動きの前にシテ謡い、つまり舞いながら自分で謡う部分。あ~~もう、わからん(泣)なんていうか、その音階というのか音程というのか、とりあえずその節回しは馴染みがなさ過ぎます。

ホントに難しいのよ?困ったものだ。

もうねぇ、稽古場を離れるともうその節回しを思い出せません。うちで自習しようもないよ。どうすればいいんだろうね、ホント。、
[PR]
by kiki_002 | 2010-05-17 23:58 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/13736146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
検索
画像一覧