「まんまこと」
著者:畠中恵
出版社: 文芸春秋(文春文庫)
発売日: 2010/3/10

「しゃばけ」シリーズでお馴染み(?)の畠中恵さんによる江戸を舞台にした短編連作。

神田の町名主(庶民の揉め事の裁定をする)の1人息子 麻之助は、16の頃まではマジメな跡取りだったのに、どういう訳か突然お気楽者の道楽息子へと変わってしまった。

そんな麻之助を中心に、幼なじみの清十郎と吉五郎の3人が、周囲で起こるトラブルに始末をつけていく様子が、軽やかにそしてほろ苦く描かれていく。

清十郎も麻之助同様、町名主の跡取り息子だったり、吉五郎が同心見習いだったりと、事件の謎を解くには打ってつけの立場。しかも、お気楽者とはいえ麻之助は、けっこう人を見る目が確かだし、知恵も回るし、思いやりもある。

しかし、現役バリバリの町名主である親父さんたちの方が1枚も二枚も上手だと思えることも多いし、麻之助がお気楽者に変わることになったある出来事も含め、この世の中にあるやるせない思いやほろ苦さなども描かれ、物語に深みを与えている。

奇妙な事件が起こり、それを麻之助たちが追っていく面白さ。そして、胸に秘めた誰かを思う切ない気持ちや言葉にしてはいけない思い。

「しゃばけ」シリーズに負けないくらい、好きなシリーズになりそうだ。
[PR]
by kiki_002 | 2010-06-15 00:30 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/13971871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
検索