わらび座ミュージカル『アトム』
平成22年6月19日(土)14:00~、新宿文化センターにて。

原案/手塚 治虫
脚本・演出/横内 謙介
作曲/甲斐 正人
振付/ラッキィ池田、彩木 エリ

出演/
トキオ:良知 真次(東宝芸能)
マリア:五十嵐 可絵(東宝芸能)
スーラ:速水 けんたろう(ホワイト・キャンパス)

神楽坂町子:椿 千代
アズリ:(ダブルキャスト):三重野 葵、柳瀬 亮輔(フリー)
エミ:碓井 涼子
タケ:岩本 達郎(劇団扉座)
ダッタン:宮本 昌明
時計じいさん:岡村 雄三
チルチル/クロキ:千葉 真琴
シアン:森下 彰夫
ヨッツン:瀧田 和彦(フリー)
ウメ:小林 すず
チータン:神谷 あすみ
ヘレン:工藤 純子
ジュリー:山口 貴久子
ロップ:鳥潟 知沙
ベイリー:(ダブルキャスト) 柳瀬 亮輔(フリー)、三重野 葵
クロキの手下:上土井 敦(劇団扉座)、串間 保彦(劇団扉座)

20××年、十万馬力のロボット「アトム」の時代は終わり、
さらに進化したヒト型ロボットが、パワーを大きく制限され、
人間への絶対服従を強いられている時代。
路地裏の倉庫では、ロボットだけの秘密のパーティーが開かれていた。
元科学者・神楽坂町子の屋敷で働くトキオと、親友のアズリが創った歌は、
自由を持たないロボットたちに生きる喜びを生んでいた。
そこに人間の若者たちが紛れ込んでくる。
工場で働くタケとエミ、親に未来を決め付けられて苦しむマリア。
「私たちだってロボット!」
人間とロボットの叫びは心を結びつける。
やがてマリアとアズリに愛が芽生える。
しかし、それを許さない人間の力と暴力によって、アズリは殺される。

復讐を叫ぶロボット達に、元科学者のスーラが「殺人兵器として十万馬力のアトムを甦らせるのだよ」と煽る。
アトムを密かに預かっていた神楽坂町子は、「暴力で何かを解決した事があったか」と、トキオを諭す。

そして、トキオに隠された秘密が明かされる。
アトムは甦るのか―、トキオの決断は―。
(公式HPより)

あの国民的アニメをミュージカルで……と聞いて、いったいどんな舞台になるんだろうと正直やや不安に思っていたが、結論から言えば、本当に素敵な作品となっていた。

誰もが知っている『鉄腕アトム』を、愛と勇気の象徴として、ウエストサイドストーリーのような対立と愛の物語を歌とダンスで綴っていく。

横内謙介氏のハートウォーミングなストーリーとラッキィ池田氏による楽しくて力強いダンス、甲斐正人氏の親しみやすく美しい楽曲、そして役者陣の安定感のある演技や歌によって、シンプルなテーマが胸に迫るミュージカルとなっていたと思う。

特に印象に残ったのは、主人公トキオの親友であるアズリを演じた三重野葵さんだ。

明るいトキオとは対照的に、控えめな優しさの中に芯の強さを感じさせるアズリ。彼には夢があった。しかしそれは、決して叶うことのない夢。アズリの静かな口調から滲み出る憧れの強さと、その夢が決して叶わないのだという絶望とを感じさせる演技。

そんな彼が、1人の人間の女性と愛し合ったことで、無残にも叩き壊されてしまう。この場面の重さが、後半のロボットたちの行為に説得力を与えていく。

叩き壊すのは、工場から逃げ出してきた貧しい人間タケ。相手がロボットなら殺人って訳じゃないしな、そいうつぶやく彼も悪人ではなく、その時代の常識や偏見に縛られてしまう平凡で弱い人間なのだった。

この難しい役を、扉座から客演の岩本達郎さんが、程よい人間味と憎たらしさ、そして、絶妙な軽さで演じていた。

それから、御茶の水博士の最後の弟子である神楽坂博士を演じた椿千代さん!クールな雰囲気から、しだいにその熱い思いを感じさせる演技。そして、その歌声。この方の他の芝居も観てみたくなった。

主人公のトキオを演じた良知さんは、明るい前向きさを感じさせて爽やかだったし、アズリと恋に落ちる女性マリア役の五十嵐さんは、可愛らしさと共に強さを感じさせてくれた。

愛する人を失ったマリアが、ただ嘆くのではなく、アズリとの短い出会いから勇気を受け取って、前に進もうとする場面が泣けた。

また速水けんたろうさんが、ドクタースーラという悪役を演じていたのは意外だったけれど、企みも恨み言も大人の雰囲気で渋く演じてらした。

気負いもてらいもなく、まっすぐなメッセージを歌とダンスに乗せて表現する舞台。あまり舞台を観たことのない若い方たちも、いろいろと凝った仕掛けのある舞台を見慣れた大人も、きっと楽しむことのできる、そういう舞台だったように思う。

新宿と兵庫以外では三重野さんがトキオを演じているそうなので、どこか地方公演に駆けつけて、そのバージョンを拝見しようかな、といま目論んでいるところだ。
[PR]
by kiki_002 | 2010-06-27 22:16 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/14069103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧