『花よりも花の如く』〔8〕
著者:成田美名子
出版社:白泉社(花とゆめコミックス)
発行:2010/7/10

お能マンガのはずなんだけど、主人公の憲人がドラマ出演してるここ数巻は、ドラマの話題が続く。

前巻は、劇中劇というか、マンガ中ドラマ(?)というか、憲人が出演したドラマをそのまま1巻で読ませた。……とはいえ、ドラマの中心になるのもお能の話題。まあ、だからこそドラマ初出演の憲人が重要な役を演じることになったんだったっけ。

で今回は、そのメイキング。要は、ドラマ撮影期間の憲人や共演者などの人間模様を描いてるっていうことなんだけど。

これまで、限られた世界の中で生きてきた憲人が、始めてのテレビドラマの現場に戸惑ったり、演じることに悩んだりしていく様子を繊細に描いていく。特に、ドラマで主役を務める人気俳優 藤井淋との間に友情が育まれていく様子が清々しくて、ふと学生の頃読んだこの著者の学園マンガを思い出した。

憲人が淡い恋心を抱いている葉月とのやり取りや本職である能の部分へのこだわりなども、丁寧に描かれていく。

ドラマの収録が終わり、ひとつのものを一緒に作ってきた仲間との別れが訪れる。その憲人の名残惜しい気持ちが、しみじみと伝わってくる。

初めてのドラマの現場が終わり、それが何を変えるのか。これからの展開が、ますます楽しみになってきた。
[PR]
by kiki_002 | 2010-07-22 23:57 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/14247460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
検索