『曲がれ!スプーン』
監督/本広克行
原作・脚本/上田誠(ヨーロッパ企画)
出演/長澤まさみ、三宅弘城、諏訪雅、中川晴樹、辻修 他

劇団・ヨーロッパ企画による舞台作品『冬のユリゲラー』を基にしてた映画『曲がれ!スプーン』をWOWOWで観た。

あらすじ
超常現象バラエティ『あすなろサイキック』のAD・桜井米は、日々の業務に追われながらも前向きに頑張っていた。そんなある日、視聴者からの情報を頼りに超常現象やエスパーを探す番組企画の担当を任される事になった米は、意気揚々と日本全国を旅して回るが、どの情報もインチキばかり。落ち込む米が最後の取材場所として向かった先は、『カフェ de 念力』という喫茶店。そこでは毎年クリスマス・イヴになると、本物のエスパー達が集い、普段隠していた超能力を存分に披露するクリスマスパーティーが開かれていた。しかし、パーティーの最中、最大の天敵が突然来店して来たものだから、エスパー達は大慌て。さらに、今までパーティーを楽しんでいたエスパー達の中に、偽者がいる事も判明。果たして、エスパー達は、自分達の超能力を知られず、米を帰郷させる事が出来るのか?そして、米は本物のエスパーを撮ってスクープにすることは!?(Wikipediaより)


気になっていた映画をテレビで放送するというので、観てみた。

ささやかな超能力を持つごく普通の人々の描写がまず楽しい。いいなぁ、こういうの好き。それぞれ平凡でちょっと情けない男たちなんだけど、せこい能力でも間違いなく本当の超能力なので、それを持ってるってことはけっこう大変なんだろうなぁ、と思わせる彼らの普通の人ぶりが、とてもいい感じなんだよねぇ。

それぞれの持つ能力の見せ方や活かし方も楽しい。

そして、以前助けてくれた超能力者を探すために、奇妙な名前のカフェを営むマスターの落ち着いた雰囲気もいい。

長澤まさみさん演じるAD桜井は、カフェに集まった超能力者たちが、ついつい肩入れしてしまうのもわかる一生懸命さが好印象。

クリスマスイブという設定にふさわしい、ほっこりと温かく楽しい映画だった。観てよかったなぁ。
[PR]
by kiki_002 | 2010-09-24 00:40 | 映像 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/14657295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧