ひさびさ……
マチネは「Project BUNGAKU 太宰治」。タイプの違う4組の短編がそれぞれ魅力的で濃密な舞台。

太宰の言葉がきらめくように立ち昇ってきた「HUMAN LOST」は、ひょっとこ乱舞の広田淳一さん翻案・演出。

青☆組の吉田小夏さんが翻案と演出を担当した「燈籠」は、いくつかの短編を女性の目線で組み合わせた緻密で端整な作品。

松枝佳紀さん(アロッタファジャイナ)の「ヴィヨンの妻」は、献身的な女と無頼な男のせつなくも色気のある関係に惹かれる。

谷 賢一さん(DULL-COLORED POP)の「人間失格」は、広く読まれている原作をわかりやすく見せる演出の力量と葉蔵を演じたコロさんの不安定な表情に魅了される。

ソワレはキャラメルボックス「シラノ・ド・ベルジュラック」。男気のある陽性のシラノが魅力的。これまで観たシラノの中で一番わかりやすく楽しかった。

マチソワ間に国立新美術館で「陰影礼賛」。

収蔵品を持たない展示専門というコンセプトの国立新美術館で、他の国立美術館の収蔵品を活用した企画展を開催する、というのがまず気になっていた。

『陰』や『影』をテーマに各美術館から選ばれた幅広い作品が展示されており、統一感より広がりを感じさせる内容となったように思う。

ひさびさ欲張りなお出かけ。満喫しました。
[PR]
by kiki_002 | 2010-10-09 23:58 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/14765451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧