ハロウィンと言えば……?
ハロウィンと聞いて真っ先に思い出すのは、仮装した子どもたちや彼らにあげるためのお菓子ではなくて、ブラッドベリ(1920~、アメリカの小説家、詩人。幻想文学やSFの名作多数)の短編『集会』だったりする。

正確に言えば、そのブラッドベリの短編を萩尾望都さんがマンガ化した作品の印象が強くて、主人公の少年ティモシーや彼が慕うエナー叔父さんなどが、あの美しい絵で描かれている様子が目に浮かぶわけです。

内容は、万聖節の宵祭(ハロウィン)に、ティモシーの家に集まる一族(魔物というか人ならざるチカラを持った者たち)の様子と、そこにまぎれている人の子であるティモシーの孤独を叙情的に描いたもの。要約が下手でつたわりにくいけれど、作品自体は素敵なのでぜひご一読ください。

で。

さきほど、こうして『集会』について書くためにネットで検索してみたら、この一族について描かれた短編をまとめて、ひとつの長編にした『塵よりよみがえり』という本が2000年に発表されていたことを知った。日本でも2002年にハードカバーが、2005年に文庫本が発売されているということで、あわててネットで取り寄せたところだ。

55年越しで完成した長編ということでもあり、自分としても久しぶりに読むブラッドベリということで、本が届くのがとても楽しみだ。
[PR]
by kiki_002 | 2011-10-31 23:55 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/16763953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧