ashes and snow
f0140491_785714.jpg

昨日の夜、仕事の後、急いで新幹線に乗った。
帰りがけにひとつ打ち合わせが入ったため、
予定より2本遅い時間の新幹線になってしまったが、
それでも20時くらいには東京テレポート駅に着く。

めあては「ノマディック美術館」の「ashes and snow」展。

期間限定の移動式美術館による展示で、6月24日(日)までお台場で開催されている。
金・土・日は22時まで。

駅を出ると、やんだと思っていた雨がぱらついている。
でも、それが苦にならないくらい駅のすぐ前に、
貨物コンテナで組み立てられたという、その美術館があった。
夜の美術館、象と向き合って本を読んでいる少年の写真、その向こうの観覧車。
電車の中で感じていた1週間分の疲れが、少し軽くなった気がした。

チケット売り場と入り口で少し並ぶ。
会期の終了が近いので、仕方がないとは思うが、
夜の8時過ぎなのだと思うと少し不思議な気がする。

美術館の中は、天井が高く、やや暗い。
通路の両側にモノトーンの写真が、額にも入れずに上から吊られて並んでいる。
モチーフはすべて動物と人。

どの写真も単純に美しい。

それから映像。写真と同様の世界観を持つ美しい人と獣の動き。

実際に観に来て、ようやく気がついた。
これは記録写真ではない、きわめて完成度の高い作品なのだ。
明確なコンセプトとそれを具象化するための周到な準備や計算。
そして、それをより際立たせる空間と音楽。

来る前は、もっと素朴なものを想像していた。
だが、このシンプルに美しい世界は、限りなく緻密に創り上げられたものなのだ。

来てよかった、と思う。
[PR]
by kiki_002 | 2007-06-23 07:45 | 美術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/5693701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
検索
画像一覧