「リチャード三世」と「国盗人」など
本屋に寄って、文庫の新刊などを眺めていたら、
「新訳 リチャード三世」というタイトルが目についた。

そういえば次の土曜日、6月30日には
世田谷パブリックシアターで野村萬斎演出・主演の「国盗人」を観る。
これは確かリチャード三世の翻案だったはずだ。

そう思って手に取ると、帯に萬斎の写真入で舞台の告知があった。
しかもこの「新訳 リチャード三世」の訳者は、「国盗人」の脚本を書いた河合祥一郎氏だ。
これは、土曜までに読もう、と決めて買ってきた。

その他に、伊坂幸太郎の「グラスホッパー」、
大倉崇裕の「三人目の幽霊」、
それと戸板康二の「團十郎切腹事件」を買った。

特に「團十郎切腹事件」は、中村雅楽探偵全集1と銘打たれていて、
以前なにかのアンソロジーで読んだ、名作「グリーン車の子供」と同じシリーズらしい。
この中村雅楽のものを他にも読んでみたいと思っていたので、喜んで買ってしまった。

合計4冊。
このごろパソコンばかりやっていて、本を読むペースが落ちてるのになぁ。
でも、どれも好みに合いそうな本ばかりだから、いいかな。
[PR]
by kiki_002 | 2007-06-24 22:07 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/5708249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧