悪三郎とイシュトヴァーン
昨日観た「国盗人」にすっかりやられてしまい、
他のことをしていても、あのシーンやらこのシーンやらが頭の隅でリフレインしている。

そんな中、本屋でグイン・サーガの新刊を発見。外伝第21巻「鏡の国の戦士」。
10日の発売と思っていたので、ちょっとうれしい。
「七人の魔道士」より後の話でグインが主人公なのだそうだ。
う~ん、本編のグインがそこにたどり着くまで、あとどのくらいかかるのだろう?

そのとき、ふと思った。
「グイン・サーガ」のイシュトヴァーンと「国盗人」の悪三郎は似ているんじゃないだろうか。
王座への執着。そのためには手段を選ばない悪党ぶり。
平和より乱世になじみ、戦場にあっては鬼神の働き。
信用ならない奴と思っていても、ついだまされるカリスマ性。
そのくせ、手にかけてきた者たちを夢で見てうなされる弱さ。

いやいやイシュトと今は亡きアリのコンビが、二人でそのまま悪三郎=リチャード三世だ。
ゆがんだ醜い体つきで、実の母からも疎まれ、世の中のすべてを憎んでいるアリ。
冒頭のリチャードの独白そのものではないか。

だからどうということではないのだけれど、
自分ではなんとなくすっきりした気分になった。
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-08 23:44 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/5835667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧