「国盗人」についての雑感
6月30日、7月7日と観てきた「国盗人」についてもう少し。

友人が、「以前観た『リチャード三世』はとても凄惨だったんだけどね」と言った。
だが、「国盗人」はもう少し軽やかで、そして主人公の非道さよりも、悲しみが印象に残る。

どんなに酷いことをしても悪三郎を憎むことができないのは、
彼の欲望がわかりやすく、彼の言動が終始ユーモラスであったからだろう。
多くの台詞に洒落や皮肉を含んでおり、何度もニヤリとさせられた。
その滑稽な言い回しや表情などは、狂言師たる萬斎氏の面目躍如というところだ。

2度目に観たときは、舞台に近い席だったため、表情がよくわかっていっそうおかしかった。

たとえば王になることが決まったとき、悪戯がうまくいったときの子どものような顔で、
「選ばれてあることの恍惚と不安とふたつ、我にあり。ヴェルレーヌ」
などと、言うものだから思わず吹き出してしまった。
ついでに「アデュー!」だなんて。

そんな悪三郎が、次第に追い詰められ、余裕を失っていくのを観ていると、
ついつい彼に感情移入していってしまう。

自らしてきたことの報いとはいえ、
女達の呪いを一身に受け、殺めてきた者たちの影に怯えるさまは哀れだ。

決戦前夜、舞台手前の悪三郎と、その向こうにいる理智門が、似たフレーズを繰り返すシーン。

掛け合いのように、それぞれの言葉を発する悪三郎と理智門の対比が、いっそ残酷に見える。
神と正義を信じ、背筋を伸ばし微笑みを浮かべ、味方を励ます理智門。
影に怯え、すでに誰も信じることのできなくなっている悪三郎。

勝利を予言する夢を見ている理智門の安らかな眠り。
一方、悪三郎は、亡霊に祟られてうなされ、苦しげに寝返りを打つ。
その時の彼の手がなぜか印象に残っている。

悪夢から目覚めた悪三郎の悲痛な独白。

~誰を恐れる?自分自身?他に誰がいる?いや、俺は自分を愛している。本当に?~

幾千もの兵士より影が恐ろしいのだというその心の闇……。

戦場で、馬を駆り狂ったように戦う姿や、馬を失い足を引きずりながらなおも戦おうとする姿。
いつの間にか、ずっと共にあった影法師さえ理智門の元へ。
そして死の瞬間。
死の象徴である面をつけ、ゆっくりと背を反らせて倒れていく様子は美しくさえあった。

そんなふうに観ていたものだから、アンコールで萬斎氏が笑顔を見せたとき
なんだかほっとしたのかもしれない。
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-10 01:06 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/5845882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30