幽玄への誘い「能と狂言の夕べ」〈観世流〉
平成19年7月15日(日)、須賀川市文化センター大ホールにて。

お話:浅見重好

仕舞「歌占」 木原康之
   「鵺」 北浪貴裕

能「経正」
シテ:今井泰介、ワキ:村瀬純

狂言「蚊相撲」
大名:野村萬斎、太郎冠者:高野和憲、蚊の精:深田博治

仕舞「遊行柳」クセ 北浪昭雄
   「遊行柳」キリ 武田宗和

能「安達原」
シテ:岡久広、ワキ:村瀬純、ワキツレ:村瀬慧、間:竹山悠樹

前述のような経緯で、急に観ることになったこの公演。
詳しい演目も終了予定時間も確かめないまま会場に入る。

始めに15分ほど、あいさつプラス作品解説のお話。
『今日はこんなに大勢のお客さんが、しかもいつもより若い人たちが来てくれている。萬斎さんが出演するためだと思うが、せっかくなので狂言だけでなく能も気負わず楽しんでいって欲しい』というような趣旨の話があり、この会館の公演に萬斎氏が出演するのは珍しいことなのだとわかる。
「能を観るのは初めての方」と尋ねられ、会場の1割くらいの方が手を挙げていた。

自分も正直、これまでに能や狂言を観たのはほんの数える程度。
「今日の演目は、初めて観る方でも比較的興味がもてそうなもの」と言われ、うれしく思う。

最初の仕舞はそれぞれ5分ほどの短いものだが、なんとなく面白くて、
特に「鵺」は意味もわからないまま観ているのに、ドラマティックな印象。

次の「経正」、僧が登場する前半は地味な雰囲気。
経正の霊が現れ、しだいにテンションが上がってくる。

そしていよいよ目当ての萬斎氏が登場すると、会場から盛大な拍手。
萬斎氏の最初の台詞が聴き取れないほど。

今日は大名役なので烏帽子姿。
太郎冠者との掛け合いは、萬斎氏も高野和憲氏もとてもよい声で、聴いていて心地よい。

新しい家来を召抱えようとする大名が、
人に化けて血を吸おうとしている蚊の精と相撲をとる話で、
相手が蚊の精と気づいて大きな団扇を持ち出す様子や
負けてくやしがって太郎冠者に八つ当たりする様子がおかしくも可愛らしい。

会場中から笑い声が聞こえ、たいへん盛り上がった。
帰り道での友人の言葉を借りるなら「なんの屈託もない笑い」であり、
ただシンプルにおかしくて声を立てて笑ってしまう。

目の前のこの邪気のない大名が、前日には「国盗人」の東京公演最終日で、
昼と夜の2回、あの悪三郎を演じていたのかと思うと感慨深い。

狂言の後、休憩が入り、仕舞が2番。「遊行柳」のクセとキリ。
これと次の「安達原」は、この会場にちなんだ演目であろう。
舞台となるのが、比較的近い場所なのだ。

最後の「安達原」は、静かで動きの少ない前半から、間狂言が入って笑わせ、
そして後半、鬼女の登場以降はたいへん迫力のある展開で、確かに初心者でも面白かった。
(とはいえ、次に能を観るときには、もう少し予習してから行くことにしたい)

この日の観客の多くは、また機会があったら能や狂言を観ようと思ったに違いない。

一夜明けて今日16日、萬斎氏は大分で公演があるらしい。
きっとまた飄々とした顔で客席を沸かせていることだろう。
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-16 07:20 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/5896175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧