「狂言三人三様 野村萬斎の巻」
岩波書店から2003年8月に発行された、全三巻の「狂言三人三様」の中の一冊。

いきなり、「さぁ、あるべき場所に行こう!」と題された蜷川幸雄さんの文章から始まる。
蜷川さんから見た『オイディプス王』初演の際の萬斎さんの印象などを中心に書かれている。

これがすこぶる面白い。

「古典芸能の血」という言葉で蜷川さんが表現する萬斎さんの色っぽいこと。
稽古場で血糊を鏡に塗っていく彼の様子など、読んでいてクラクラしてしまう。

次の「萬斎独言」は、二人の聞き手による萬斎さんのインタビュー。
個人的にはこの部分が一番好きだ。

一人目の聞き手は山口宏子さん。
ここでは主として、彼の芸術論が語られる。
古典芸能とそれ以外の演劇。日本と世界。
その中で、自分に何ができるのか、何をやっていきたいのか。

これを読むと、昨日千秋楽を迎えた『国盗人』が彼にとってどういう意味を持っているのか、少しだけわかる気がする。

二人目の聞き手は、この本の編者でもある土屋恵一郎さん。
ここでは、聞き手である土屋氏の萬斎論を踏まえて、狂言師としての彼について語られていく。
坂東玉三郎さんなどを例にとりながら、彼がどういう狂言を目指しているのかなどについて、興味深い話が聞ける。

この本の帯に『美しく太郎冠者でありたい』とあるが、これはこのインタビューの内容からとっているのだろう。

それから、「狂言三人三様」として、茂山千作さん、野村万作さん、そして萬斎さんが、
狂言の主要な演目について、それぞれの印象や思い出などを語っている。
読んでいると、ここに出てくる演目がとても観たくなってくる。

最後は、「野村萬斎の世界」と題して、彼にゆかりのある多様なジャンルの方々が、
萬斎さんについて語っている。
それぞれが知っている彼の顔。そのどれもが魅力的だ。

これから、何度か繰り返して読むことになりそうな本だ。
[PR]
by kiki_002 | 2007-08-02 23:44 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/6036962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 向日葵 at 2007-08-08 00:47 x
蜷川さんの演出を見ていると、彼が古典を知り尽くし、演出に古典のエッセンスを取り入れているのがよくわかります。蜷川さんの萬斎さん観、気になりますね~。何を一番評価しているのかなあ。
Commented by kiki_002 at 2007-08-08 03:46
評価、というか蜷川さんの語る萬斎さんは、なんとなく色っぽいです(笑)。古典伝統で鍛えたれた彼の身体表現と、日本の古い血を受け継ぐ『狂気』、このふたつが中心に語られています。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧