『火星が出てゐる』
だんだん寒くなってくるこの季節、手に取りたくなる一冊の詩集がある。中央公論社から出ている「日本の詩歌10 高村光太郎」だ。この本は、もうずいぶん長いこと手元から離せずにいる。

光太郎は冬が好きだという。厳しい寒さと乾燥した清潔な空気、その風情が彼の書くものとよく似合っている。

たとえばこの『火星が出てゐる』という詩。

「要するにどうすればいいか、といふ問は、/折角たどつた思索の道を初にかへす。/要するにどうでもいいのか。/否、否、無限大に否。」

父との確執。芸術上の悩み。堂々巡りのような思索の迷路。ようするにどうすればいいか……。そんな問いに急ぐ自分の弱さと決別し、木枯らしの吹く寒い夜、頭上の赤い星を見上げる。そのとき、彼の決意はどこへ向かうのだろう。

私も、何かに行き詰るとき、いつも胸の中で繰り返す。「要するにどうでもいいのか。/否、否、無限大に否。」と。

どんなに遅い歩みでも、不毛のように思えても、目的地が見えなくてもいい。ただ歩き続けるための勇気さえあれば、前に進むことができるはずだ。
[PR]
by kiki_002 | 2007-10-22 22:22 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/6650800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
検索