ささいなこと
21時ごろ職場を出る。金曜日なので、街には酔った男性のグループなどもいて、仕事帰りの自分は少し面白くない気分になってしまう。

バス停には、数人の人が並んでいた。そこに、駅へ向かうバスがやってくる。バスはそこそこ混んでいるが、あまり話し声も聞こえず、多くの乗客が疲れた様子に見える。

停留所が近づくと、録音された決まったアナウンスが流れる……、はずなのだけれど、それよりもわずかに早く、そのバスの運転手さんが次のバス停を告げる。それに続いて、録音されたアナウンスが。

少し不思議に思って聞いていると、バス停が近づくたびに運転手さんがまず自分で丁寧にアナウンスをする。どうしてだろう、その声を聞いているととても落ち着く。いつもの録音のアナウンスは女性の声で、特に不満はないのだけれど、今日は、肉声で告げられるそれぞれの停留所の名前が、少しいつもより身近なものに聞こえる。

なんとなく、気分がよくなった。幸せに暮らすのなんて簡単なことだ。人が人に少しだけやさしくなればいいんだから。自分も毎日の仕事の中で、こんなふうにささやかでも、気持ちを込めた仕事をしていきたいものだ。もちろん、仕事だけでなく、それ以外の人との関わりの中でも。
[PR]
by kiki_002 | 2007-11-30 23:57 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/6962780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧