観世流仕舞入門 9回目
昨日は第九を歌い、今日は仕舞のお稽古。こうしてみると、我ながら道楽が多い。

今日も引き続き、『紅葉狩』。で、いつもどおりまずは謡から。今日は地拍子について、少し説明していただいた。そういえば、音程については説明もされ、多少意識もしていたが、リズムについてはこれまで意識していなかった。というか、恥ずかしながらそもそも能にリズムがあるなんて考えてみたこともなかった。

どうやら基本的には八拍子でリズムを取っているらしい。各々膝を軽く打ちながら、リズムの取り方を教えていただく。まあ、短い時間ではあるし、仕舞のクラスなので、さほど詳しくはやらずに、とりあえずは雰囲気程度。

それから、仕舞。まずは先生とともに舞ってみる。少しは動きになれてきたが、まだ全体の流れがよくわかっていない。いくつかのパートについて、練習する。なんとなくわかってきたような気がする。これであと2~3回通してみると、だいぶ覚えられるかも……と思ったところで、生徒だけで舞ってみるように言われる。

いや、それはまだ無理……と思いながら舞い始めるがやっぱり無理。一年ほど前から習っている方がだいぶ覚えていて舞えているので、その動きを見ながら辛うじて最後まで行くが、ほとんどグダグダになってしまった。

部分部分はけっこういけてると思ったんだけれど。なかなか前途多難なようだ。

これで、年内のお稽古は終了。次は年明けの初謡会となる。あ~、『熊野』の自主練をしなくては。
[PR]
by kiki_002 | 2007-12-16 22:13 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/7074809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧