NHK木曜時代劇「鞍馬天狗」 第2回『宿命の敵』
今回は、浪士 中原富三郎を演じた山口馬木也さんが印象的だった。

昨年観た蜷川幸雄氏演出の「オセロー」では、人のいいキャシオーを演じていたのに、今回は眼光鋭い役で驚かされた。己の腕と名刀に溺れ、人を殺めていく、その狂気。今回だけのご出演なのが残念なくらいだ。

この中原を討つのは、新撰組の近藤勇を演じる緒形直人さん。この方はこんなに怖い顔もできるんだなぁ~、と妙なことに感心してしまう。優しそうなイメージだったので。

主役の萬斎さんは、前回のいかにも育ちの良さそうなお公家さんの姿から、あまり強そうに見えない浪人姿へお召し替え。どちらも、お似合いで素敵だった。
[PR]
by kiki_002 | 2008-01-25 22:26 | 映像 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/7343154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧