昨日観た舞台についての追記
昨日の舞台、お能はどちらの演目も見ごたえがあった。力のこもった「屋島」も、若々しく爽やかだった「舎利」も。それから、仕舞もよかった。(習い始めたためだろう、最近特に仕舞は観ていて面白い気がする) 狂言「文荷」もさすが万作さんと万之介さんの太郎冠者次郎冠者コンビがなんともお茶目で楽しかった。

でも、やはり印象に残っているのは、能「屋島」での野村萬斎さんの『奈須与市語』だ。

静かに橋掛りに座り、出番を待っているときから、その表情にはすでにどこか張り詰めた雰囲気が感じられた。

状況を説明する語りの部分と併せて、義経・実基・与市と複数の人物の会話を再現し、緊迫した状況をただ己の言葉のみで描き出す彼のひとり語り。どれほど集中しているのだろう、観ているうちにその白皙の横顔がかすかに紅潮していく。

語りだけでなく、動きで表現する部分も多く、たとえば馬上の射手の動きを表現して膝立ちで跳ねるように前進する激しい動きに目を奪われる。

ひしと前方を見据えたまなざしの真摯さに打たれて、観ているうちに鼓動が早くなる。こうしてみると、なんて綺麗な人なんだろう……。そして、なんて響く声なんだろう……。

「鞍馬天狗」での萬斎さんも素敵だけれど、この方を舞台で観ることができて幸せだとしみじみ思う。萬斎さんの本領はやはりここにあるのだ、といまさらながら実感させられた。


[PR]
by kiki_002 | 2008-01-28 23:49 | 舞台 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/7364125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kiko at 2008-01-29 16:39 x
萬斎さんの「那須与一語」ご覧になったんですね!同感!数ある萬斎さん舞台を拝見した中でこちらは筆頭に入れてもいいくらい感動しました!上手にkikiさんが感想を書かれ、またあの感動が蘇ります!しかし今、娘や孫が来ていてゆっくりPCを開けません・・・。帰ったら(笑)またゆっくり楽しみに拝見させていただきます。
Commented by kiki_002 at 2008-01-29 23:21
はい!拝見してきました!!
なんて言うか……、ホント素敵ですねぇ……。もうそれしか言えません(笑)
kikoさまのように以前からいろいろご覧になっていても、やはりこの演目は特別なんですね♪
感想、というにはあまりにも思い入れが強すぎてしまって、この記事は自分で読み返してみると、少々照れくさいです。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
検索