NHK木曜時代劇「鞍馬天狗」 第3回「石礫(いしつぶて)の女」
なんとなく前回までとちょっと雰囲気が違う……と思ったら、第1回・第2回とは違う方が脚本を書いていらっしゃるようだ。

今回は、黒谷友香さん演じるお喜代と萬斎さんの演じる倉田典膳こと鞍馬天狗との、恋愛とまでは呼べない淡い交流が儚くてなかなかよかった。

愛する男を失った夜のお喜代の身の上話に、共感を覚える倉田典膳。その倉田の優しい言葉に、つい寄り添ってしまうお喜代の孤独。二人が寄り添う様子は、とても絵になってキレイだった。

でも、白菊姫は?と思ってしまったのは、きっと私だけではないに違いない。
[PR]
by kiki_002 | 2008-02-02 01:10 | 映像 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/7390747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
検索