狂言 万作の会
平成20年2月8日(金)18:30~、栃木県総合文化センターメインホールにて。

第1部 狂言講座
解説:石田幸雄
小舞「七つ子」「暁」:高野和憲、地謡:月崎晴夫、石田幸雄、岡聡史

第2部 狂言
「川上」
夫:野村万作、妻:野村万之介

「棒縛」
太郎冠者:野村萬斎、次郎冠者:石田幸雄、主:深田博治

地元とはいえ、平日の18:30開演はけっこうキツい。しかも今週から来週にかけて、次年度の事業の関係で打ち合わせの嵐なのだ。ともあれ、なんとか間に合って席に着く。で、座ってみると、申し訳ないようないいお席。正面2列目、しかもちょうど階(きざはし)の前辺りなのだ。いやあ、舞台が近い♪

石田さんによる解説は、本日の演目のあらすじとみどころなどをわかりやすく。途中で高野さんの小舞をはさむ。どうやら、「棒縛」の中にこの小舞が登場するらしい。

こうしてみると小舞の動きは、基本的には仕舞と同じような気がする。なんとなく親しみを感じる。

「川上」は、コメディというより人情物(?)という趣のしっとりした話。万作さんと万之介さんの演技も味わい深く、最後は謡でしみじみと終わる。「こういう狂言もあるんだねぇ~」と同行した友人が言う。

最後の「棒縛」は、打って変わって面白い元気の出るような話。

主人の留守に、太郎冠者と次郎冠者が酒を盗み飲するらしいと知って、そうはさせまいと太郎冠者の両手を棒に、次郎冠者を後ろ手に、縛って出かける主人。しかし、縛られたまましっかり酒を飲み、酔って謡ったり、舞ったりとすっかり酒盛りになったところに、主人が帰ってきて……。

棒に縛られたまま酒を飲もうとする太郎冠者の動きや表情が、あまりにもおかしくて思わず吹き出す。太郎冠者のちゃっかり具合も次郎冠者のとぼけ具合も絶妙で、しかも2人ともなんとも明るい。

そして、酔って次郎冠者が「七つ子」を舞うときなどの、太郎冠者役の萬斎さんの謡がなんともいえず、いい。前方の席だったので、近くであのお声をたっぷり堪能した。「夢に見そう……」と友人。

この会は、もう10年以上も毎年続けられているらしい。昨夜までは九州で、今朝の飛行機で帰ってきて、そのまま宇都宮に来て、このすぐあとにはアメリカでの公演があって、という相変わらずのお忙しさの中、こうして地方のホールでの公演を続けてくださるのは、本当にありがたい気がする。
[PR]
by kiki_002 | 2008-02-08 23:45 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/7437285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧