グイン・サーガ第119巻「ランドックの刻印」
昨日マチソワ、今日もこれからマチソワという、今どっぷりひたっているしゅうくりー夢の舞台についてではなく、なぜかここでグインの感想を。

あ~もう、久しぶりに登場したケイロニアの人たちの頼もしいこと!特にハゾスときたら、いやあ、カッコいいやら頼もしいやら、ああ、こういう人に近くにいて欲しいなぁ、としみじみ思う。グイン・サーガ内での上司にしたいキャラナンバーワンの座をカメロンと競ってしまうくらいだ。ちなみに、グイン本人は決断力・責任感などはとてもポイント高いのだけれど、ちょっと波乱万丈過ぎてついていけない気がする。こんな私は竜の歯部隊には入れそうもない。

なにしろパロ側が、責任感皆無のマリウスに、優柔不断のヴァレリウス、そしてがんばってはいるもののやっぱりまだお姫様気分の抜けきれリンダなのだから、ますますケイロニアチームが頼もしく見えてしまう。

まあ、マリウスはともかくヴァレリウスについては大いに同情の余地がある。最近苦労ばかりしているせいか、昔の飄々としたというか、とぼけた味わいがすっかり影をひそめてしまったようで寂しい感じだ。

ストーリーはといえば、う~ん、そんなのあり?な展開。あのグインが、すっかり何者かの手の中にあるように見える状況に、読んでいるこちらまで心細くなる。ヨナのいうように、これは将来グインが立ち向かわなければならないもっとも大きな敵の予兆なのだろうか。

主人公であるグインは、この長い長い物語をとおして、自分が何者であるがという問題と向き合い続けることになるのだろうか?
[PR]
by kiki_002 | 2008-02-10 10:22 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/7445654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧