トルコ絨毯
かつての同僚の家を訪れ、コレクションしているトルコ絨毯を見せてもらった。

行ってみると、絨毯の量にまず驚く。家中に敷き詰めてある数え切れないくらいの色鮮やかな絨毯。たたんであるコレクションの数々。予想以上だった。しかも、日本で買ったものはないらしい。トルコが好きでよく訪れていることは知っていたが、いったい何回くらいトルコへ行ったのだろう?

そのコレクションを、一枚ずつ説明を聞きながら見せてもらった。様々な大きさ、様々な色や柄の作品は、特に予備知識もなかった私にさえとても美しく感じられた。

そして、説明してくれる彼女の話は、それぞれの絨毯の来歴から、トルコ絨毯の特徴、その歴史、ペルシャ絨毯との違い。それから、家族のために糸を紡ぎ、染め、鮮やかな模様に織っていくおばさんの話や町ごとに特徴のある模様のこと、神の手と呼ばれる修復の名人の話、などなどとても面白く、聞いているとますます一枚一枚の絨毯が大切なものに思えてくる。

ついつい自分も欲しいと思ってしまったほどだ。

一番上の写真はキリム。それ以外はダブルノットのウールの絨毯。もっと高価なものもあったようだけれど、自分で気に入ったものを何枚か写真に撮らせてもらった。

f0140491_1265442.jpg
f0140491_1274320.jpg
f0140491_1283014.jpg
f0140491_1291254.jpg

[PR]
by kiki_002 | 2008-02-24 02:02 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/7536765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kiko at 2008-02-24 22:48 x
すてきなキリムや絨毯ですね!確かに高価なものですが、手法や織る人の人生時間を考えると安いと思ってしまいます。使い込むほどに味も出て価値ありますね。トルコはぜひ行きたい国です。私はトルコ料理も好きで、クスクスにチリパウダーやクミンを使った簡単な「赤レンズ豆のだんご」などよく作ります。お酒にも合うそうですよ(笑) 今日、NHKホールで萬斎さんの三番叟を観てきました。翁は宗家観世清和さんでの豪華なものでした。今日はマゲを飛ばす天狗さんと違って、神懸りを感じた三番叟の萬斎さんでした(笑)
Commented by kiki_002 at 2008-02-24 23:16
kikoさまのおっしゃるとおり、本当に長い時間と手間をかけて織られるものだそうなので、憧れてしまいました。トルコも行ってみたいです♪
kikoさまは、トルコ料理もお作りになるんですか!素敵ですね。作るのはともかく、トルコ料理を食べに行きたくなりました。
そして、今日のNHKホール、行ってらっしゃったんですか!!実は私も事前に申し込んだのですが、抽選にはずれてしまったようで、観に行けませんでした(泣)
宗家の翁で萬斎さんの三番叟ですもの、観たかったなぁ……。
でも、このイベントは例年、あとからテレビでも放送しているようなので、せめてテレビで観たいと思っています。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
検索