観世流仕舞入門 13回目
電車に乗り遅れた……(泣)。

せっかくのお稽古なのに、その時点で遅刻決定。
とりあえず一緒に通っている友人に、「遅れます」と先生に伝えておいて!とメール。

20分ほど遅れて到着すると、『田村』の稽古の真っ最中。急いで足袋を履き、扇を手にして、稽古に加わる。

で、最後まで行ったところで、「もう1回通したら、この曲は終わりにしましょう」と先生。まあ、だいたい予想通りというところだ。少なくとも次の曲に入るところに間に合ってよかった。

次の曲は『鶴亀』。新年を迎え、皇帝の長寿を祝うおめでたい曲だそうだ。

いつもどおり、まずは謡から。で、今回の曲は、初の強吟。そもそも強吟って?というレベルなので、詳しく説明はできないが、音の高低のとり方もリズムもこれまでやった弱吟とは違うらしい。先生の謡を聴いてみると、確かにこれまでの曲と雰囲気が違う……ような気がする。(←あまり自信はない)

リズムの違いや、上音から中音に降りるところで、音程を下げる代わりに直前の音を跳ね上げる謡い方など、いつもより少し丁寧に教えていただきながら謡ってみる。

で、次に仕舞へ。

舞い始めてすぐのサシコミが6足。え?これまでは4足だったのに……。この曲は「キリ」なので、サシコミは6足、と先生がおっしゃる。これまでの曲は「クセ」だったので4足だったらしい。

クセもキリも言葉としては聞いていたが、やってみるといろいろとあるものだ。う~ん、勉強しないと。とりあえず次回までに、謡だけでもおさらいしておこうと思う。
[PR]
by kiki_002 | 2008-03-09 21:59 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/7629770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
検索
画像一覧