観世流仕舞入門 14回目
今月は、1月分と2月分の稽古の振り替えが各1回あったため、3週続けて稽古がある。で、昨日もお稽古。

当然、前回から始まった『鶴亀』の続き。

初めての強吟ということで、前回やや丁寧に謡をやったので、今日は軽く通して謡った後、すぐに仕舞の方に移る。

この前の稽古で曲の前半部分、拍子とサシ分の辺りまでを教わっていたので、まずはその復習。うちで練習してこなかったので、一瞬あせるが、なんとなく思い出す。

それから後半の部分を教わる。あれ?これで終わり?この曲、ちょっと短いんじゃないかな。

ということで、最初から通して何回か繰り返す。足をかけて向きを変える動き、なんとなく流して動いてしまいがちなので、丁寧に動くようにこころがけたり。扇をかざすときの腕の使い方を確認したり。

数回繰り返すと、なんとなく流れがわかってきたような気がする。たぶんこの曲も、次の稽古あたりで終わりになるのだろうか。

でも先生、うちに帰ってくると、サシ分で手をどう動かしたか、もうわからないんです。次の曲へ移る前にもうちょっと『鶴亀』でお願いします。……と言いたい。言えないけど。

稽古のあと、ろうそく能を観に中野へ向かった。昨日はなんだかお能一色だった、かな?
[PR]
by kiki_002 | 2008-03-17 22:55 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/7680239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧